• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

会議中の居眠りを叱るのは間違い?

“相手の問題”にそう簡単に立ち入ってはいけない

2014年7月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今目の前に起こっている出来事は、いつも私たちにそれにどう対処すればいいかという判断を迫ってきます。

 信号が赤に変わった時やふいに目の前を人が横断するのを見た時にブレーキを踏むとか、ボールが飛んできたらさっと身をかわすとかいうようなことであれば、成否はともかく、何も考えなくても身体が反応しますし、何も対処しないという選択肢は初めからありません。

 他方、どう対処すればいいのかという判断に迷うことがあります。対人関係の問題は迷わないことはないといっていいくらいです。もちろん、何も考えないで行動する人もいるかもしれませんが、思慮ある人であれば、さて、この場面ではどうしたらいいのかと判断に迷うことはよくあります。

 とりわけ、今、目の前で起こっていることに速やかに対処しなければならないような時は、判断を迷うことすら許されません。どんなふうに考えれば、適切な対処ができるかを考えてみましょう。

まずは「課題の分離」をしてみる

 この問題を考えるにあたって、アドラー心理学でいう「課題の分離」という考え方を最初に説明しておきます。

 何らかの課題が生じたとき、アドラー心理学では、「あること」の結末が最終的に誰に降りかかるか、あるいは「あること」の最終的な責任を誰が引き受けなければならないかを考えます 。そうすることでその「あること」が誰の課題であるかがわかります。

 例えば、子どもが勉強をするというのは誰の課題かといえば子どもの課題です。勉強をしないと困るのは子どもであり、勉強をしなければそのことの責任は子どもが取るしかなので、親といえども子どもの課題を肩代わりすることはできません。

 驚く人があるかもしれませんが、勉強は子どもの課題なので、親は勉強をしていない子どもに「勉強しなさい」とはいえないことになります。そのようにいわれた子どもが反発するのは、親に自分の課題に土足で踏み込まれたと思うからです。

コメント0

「アドラーに学ぶ 人と人の間のこと」のバックナンバー

一覧

「会議中の居眠りを叱るのは間違い?」の著者

岸見 一郎

岸見 一郎(きしみ・いちろう)

哲学者/日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問

1956年、京都生まれ。現在、京都聖カタリナ高校看護専攻科、明治東洋医学院専門学校教員養成科、鍼灸学科、柔整学科非常勤講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック