• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

社会貢献で儲かって、何が悪い!

CSRはただのイメージアップや金食い虫ではない

2014年7月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本連載は、昨年まで米ビジネススクールで助教授を務めていた筆者が、世界の経営学の知見を紹介していきます。

 さて、最近はCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)という言葉が日本でも定着してきました。CSRとは「民間企業が利益だけを優先するのではなく、幅広いステークホルダーを重視しながら社会に貢献する」ことを指します。環境保護活動や、途上国への支援活動はその代表例です。

 他方で、CSRにはいまだに懐疑的な声もあります。もちろん企業が社会に貢献するのは素晴らしいですが、それにはコストがかかります。「収益をあげるのに必死の民間企業に、社会活動をする余裕はない」という方もいるでしょう。

 こういう批判を受けてか、最近はCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)という、社会貢献とビジネスを融合させた考えも出てきました(日本では、キリンがCSVに取り組んでいることがよく知られています)。いずれにせよ、純粋な社会貢献であるCSRは「企業の『金食い虫』になりかねない」という懸念は残ります。

 しかし、もし「CSRが意外と儲かる」ならどうでしょうか。

 「CSRが企業業績にプラスかマイナスか」という疑問は、多くの皆さんが興味あるところでしょう。実は、世界の経営学では「CSRは企業収益に貢献する」という研究結果が、近年多く出てきています。さらに、CSRの副次的なプラス効果も指摘されています。もしそうなら、私たちは「CSRは金食い虫」という考え方を改めなければなりません。日本企業への示唆もありそうです。

 今回は世界のCSR研究の、最新の知見を紹介していきましょう。

CSRは企業の業績を高めるか

 「CSRが業績にプラス」という可能性は、これまでも一般メディアやCSR推進派の方々から主張されることがありました。しかし、大体はこういう場合、1社か2社の成功事例をとりあげて、なんとなく「業績にもプラスではないか」と述べるぐらいだったはずです。

 それに対して海外の経営学では、 企業のCSR活動とその後の利益率・企業価値との関係について、大量の企業データを使った統計分析が多く行われています。特に米国では、KLD Research and Analytics社が開発した信頼性の高いCSRデータベースがあり、多くの研究者がこのKLDデータから企業のCSR活動の熱心さなどを指数化して、企業価値・利益率との関係を分析しているのです。

コメント2

「MBAが知らない最先端の経営学」のバックナンバー

一覧

「社会貢献で儲かって、何が悪い!」の著者

入山 章栄

入山 章栄(いりやま・あきえ)

早稲田大学ビジネススクール准教授

1996年慶応義塾大学経済学部卒業。98年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。2008年、米ピッツバーグ大学経営大学院より博士号(Ph.D.)を取得、米ニューヨーク州立大学ビジネススクール助教授を経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者