• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

次回消費税率引き上げに「先送り論」

2014年8月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年4月に実施された5%から8%への引き上げに続き、2015年10月には10%への消費税率のさらなる引き上げが行われることが、法律で定められている。これをそのまま実行に移すかどうかに関する安倍首相の政治判断は、12月8日公表の7-9月期GDP(国内総生産)2次速報などを踏まえた上で行われるという見通しを、菅官房長官が7月25日の記者会見で示した。

 赤字財政が恒常化する中で名目GDPの200%を大きく超える規模で政府の借金が積み上がったこと、それでも国民が社会保障の大幅切り詰めを選択しようとしないことを考えると、消費税率を一段と引き上げていくことは、政策論としては当然の帰結だろう。

「増税は延期される」と考える理由

 しかし、マーケットに足場を置くエコノミストとして実際の政策運営を予想すると、そうした「べき論」からの結論とは逆に、次の消費税率引き上げは延期される可能性が高いのではないかという話になる。1年延期される場合は、16年10月の税率引き上げに変わる。そうした筆者の見解に沿った報道が最近3つ出てきているので、ここでご紹介したい。

◆「時事深層 POLICY 内閣改造、『過半交代』有力に」
(「日経ビジネス」2014年7月7日号)
「さらに、重要な要素になるのが年末の消費税率の再引き上げ(8→10%)の判断だ。来年10月からの引き上げを実施した後に衆院選となれば『2度の消費税アップ後に審判を受ける厳しい選挙戦になる』(自民幹部)。安倍首相周辺では次期衆院選と参院選を実施するまで消費税率の引き上げ時期を先送りするか、予定通り引き上げを決めたうえで、来春の統一地方選に合わせて衆院選に踏み切る構想も浮上している」

◆「〔政界・深層海流〕軽減税率、風前のともしびだが『秘策』も」
(7月17日 時事通信)
「だからといって、軽減税率導入の可能性がゼロというわけではない。地域振興券の前例があるからだ。公明党が提唱し、小渕政権は公明党を連立に引き込むためにその要求をのみ、1999年に実施された」

「食料品のうち、精米だけを対象とするなら、財務省の試算では200億円の減収で済む。地域振興券に要した費用に比べれば、かなり少額で、首相官邸から『精米だけなら…』とか、『2千億か3千億円なら…』という声が聞こえてくる。しかし、集団的自衛権の憲法解釈変更をのんだ公明党への恩返しとか、来年4月の統一地方選対策とか、という批判を招くのは必至だ」

「もっと良い方法がある。10%引き上げを先送りしてしまうのだ。『デフレ脱却を確実にする』という理由なら世論の支持が得やすいし、公明党は『引き続き努力する』と言っていればいい。なによりも、16年夏の参院選、それとの同時か、その前と想定される衆院選を控え、消費税率上げのリスクを回避できる。こういうことを知恵者がそろう官邸が考えないはずがない」

コメント2件コメント/レビュー

増税し自らの報酬は上げてGDPは7%落ちたという。すでにアベノミクスは詐欺ミックスだと断定されたという状況だ。自民党と財務省は経営破たんを招いた責任負追わされて処刑されていない方がおかしいだろう。消費をおかしくした消費税は廃止してそもそもの借金積み上げた根本原因の公務員のリストラを徹底的にするべきだろう。原因の公務員の増殖を圧縮もしないでだいぶ落ちた経済力の中切り詰めている納税者にもっと金を出せと言えるのは頭が狂っているからに他ならない。東大慶応大などの屑大学に血税が流れることを止めたり画像もイカサマな研究組織などを温存させるべきではない。切るものを切れ。国民はライフラインの維持を行政から切り離し行政に終止符を打つこともすでに想定内である。(2014/08/19)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「次回消費税率引き上げに「先送り論」」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

増税し自らの報酬は上げてGDPは7%落ちたという。すでにアベノミクスは詐欺ミックスだと断定されたという状況だ。自民党と財務省は経営破たんを招いた責任負追わされて処刑されていない方がおかしいだろう。消費をおかしくした消費税は廃止してそもそもの借金積み上げた根本原因の公務員のリストラを徹底的にするべきだろう。原因の公務員の増殖を圧縮もしないでだいぶ落ちた経済力の中切り詰めている納税者にもっと金を出せと言えるのは頭が狂っているからに他ならない。東大慶応大などの屑大学に血税が流れることを止めたり画像もイカサマな研究組織などを温存させるべきではない。切るものを切れ。国民はライフラインの維持を行政から切り離し行政に終止符を打つこともすでに想定内である。(2014/08/19)

■国債が「重度の機能不全」とは非常に面白い発想です。■購入する人が多ければ金利は安くなり、少なければ金利が高くなる…神の見えざる手ではありませんが、マーケットが国債の金利は0.5%程度が妥当であると判断しているのですから、少なくとも市場は日本の国債は安全資産であり、保有すべき資産であると認めているほかありません。■それを、増税(増収ではない)したいがために「自国の財政規律の緩みに対する警鐘を発していない」なんて御用学者ですら恥ずかしくて言えない台詞です。■プライマリーバランスの黒字化、要するに増収を目指すのであれば、増税ではなく名目GDPを上昇させ、適正な徴税を行うことが必要だということは疑う余地はありません。■4-6月期の実質GDPが実質GDPが年換算で-6.8%となりましたが(名目値は消費税の影響が大きいため言及できない)、どのようにお考えなのでしょうか。■税収も増えず、倒産などで日本の生産力も落ち込み(そして税収も減る)、生活苦で自殺者も増える、そんな政策を推し進めてどうするのでしょうか■政府は「想定内」という言葉でごまかしているようですが、これで前年の税収を消費税増税したことによって下回った場合はだれが責任を取るのか■少なくとも上野さんを始めとした消費税賛成派(積極的な賛成派ではないのかもしれませんが)責任を取っていただきたいところですね(2014/08/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授