• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人口が変えるこれからの地域

改めて考える人口問題(7)

2014年8月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「人口減少で多くの自治体が消滅の危機に」。このショッキングなリポートをきっかけに、人口減少の中で地域の未来をどう考えたらいいのかについての議論が盛んになっている。多くの論点があってとても全てをカバーすることはできないが、私なりの考えを述べてみよう。

自治体消滅論ショック

 このところ大きな話題になっている「自治体消滅論」は、増田寛也氏を中心とする研究会が行った地域別の人口推計が基になっている。私がこの議論のインパクトの大きさを強く感じたのは、BSフジ・プライムニュースの「人口減少と自治体崩壊」という番組に出演した時である(2013年12月20日、なおこの番組の内容はテキストで見ることができる)。この番組では、当の増田氏と、増田氏の研究会のメンバーでもある経済学者の樋口美雄氏と私が人口減少問題について議論している。

 増田氏のグループの議論は、私が知る限りでは、中央公論「壊死する地方都市」特集の中で発表された「2040年、地方消滅。『極点社会』が到来する」(増田寛也+人口減少問題研究会、2013年12月号)という論文が最初である。同じ特集に、私も「公共投資回帰では何も解決しない」という論文を発表していたこともあって、当時この論文を読んだのだが、その時はこれほどのインパクトがあるとは思わなかった。

 出演を依頼に来たフジテレビの担当者は、かなり興奮気味で、「地方都市の衰退について、こういう試算を行ったのは日本で初めてですよね」と私に問いかけてきた。私は「こうなることは、これまでもある程度示されていたことであり、それほど驚くことでも、日本で初めてというほどでもないと思いますが」と答えた覚えがある。

 その後、この推計と「消滅する自治体」という議論は、私の想像をはるかに超えた反響を呼び、大きな話題になった。さらに、この論文の続編「ストップ『人口急減社会』」(増田寛也+日本創成会議・人口減少問題検討分科会、中央公論、2014年6月号)が発表され、この中で、523の消滅可能性自治体の実名を出したことで、反響はさらに広がった。今や、消滅の可能性ありと名指しされた地域では、相次いで対策会議や研究会が組織される騒ぎとなっているようだ。

 なお、今回の議論の発端となった日本創成会議の「人口減少問題検討分科会 提言 ストップ少子化・地方元気戦略」は全文がネット上で公開されている

コメント10

「小峰隆夫の日本経済に明日はあるのか」のバックナンバー

一覧

「人口が変えるこれからの地域」の著者

小峰 隆夫

小峰 隆夫(こみね・たかお)

法政大学大学院政策創造研究科教授

日本経済研究センター理事・研究顧問。1947年生まれ。69年東京大学経済学部卒業、同年経済企画庁入庁。2003年から同大学に移り、08年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官