• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「聞き上手な人」の条件とは?

2014年9月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「聞き上手な人」というと、皆さんはどのような人を思い浮かべるでしょうか?「穏やかに相槌を打ちながら、相手の話を気持ちよく聞いてあげられる人」というのが、多くの人が持つ共通のイメージかもしれません。でも、それ以上のことはなかなか思い浮かばないのではないでしょうか。そこで今回は、聞き上手な人の条件を少し掘り下げて考えてみることにしましょう。

 前回もお話しした通り、多くの人は「聞くこと」よりも「伝えること」を優先して考えています。そのため、聞くことの難しさや奥の深さにそれほど気付きません。実際にやってみると分かりますが、相手の話を聞き流さずに、しっかりと受け止めながら聞き続けるのは、かなり忍耐力の要る行為です。慣れていない人だと、5分も続けられないかもしれません。

 では、聞き上手な人はどうしてそれができるのでしょうか? それは、聞くことの大切さが分かっているからです。だからこそ、少しくらい大変でも我慢できるわけです。そうしているうちに、少しずつ聞くスキルが磨かれていきます。逆に、聞くことの大切さが分かっていない人は、我慢できないから上手にならないわけです。ちなみに、聞き上手は、先天的な才能ではなく、後天的な努力によって生まれます。「幼い頃から聞き上手だった」という人って、あまり聞いたことがありませんよね(笑)。

 こうしたことから、私なりに定義すると、聞き上手な人の第1の条件は「聞くことの大切さをよく理解している」ということになります。聞き上手であるという「現象」だけを見るのではなく、聞き上手になることができた「原因」のほうに目を向けてみると、根本的な条件が理解できると思います。

「聞くことの大切さ」に気付いた経験

 ここで恥ずかしながら、私自身の経験を少しお話ししましょう。私が「聞くことの大切さ」を最初に思い知ったのは、学生時代に女性とデートした時です。私は中学・高校と男子校で学び、しかも所属は柔道部。残念ながら、女性と接する機会はありませんでした。そんな私がデートすることになれば、当然「いったい何を話せばいいのかな?」と不安になります。前日には、いろんなジャンルの雑誌を読んで勉強したりして、今思うとばかばかしい努力をしたものです(笑)。

 当日になり、いざデートに臨むと、そうした努力はまったく必要なかったことが分かりました。待ち合わせ時間に遅れてきた彼女は、「家が厳しいので、休日に一人で出掛けるのは結構大変なの」と話し始めました。そうした、言い訳とも愚痴ともつかない話を聞いているうちに、彼女の「おしゃべりスイッチ」が入ったのでしょう。その後はずっと彼女がしゃべりっぱなし。私は若干圧倒されつつ、自分には姉も妹もいないことから、「へーえ、女の子のいる家って大変なんだなあ…」と新鮮な気持ちで聞いていました。夕方、彼女は「今日はいっぱいしゃべれて、すごく楽しかった!」と喜んで帰っていきました。

 私からすると、何もしゃべっていないし、面白いこともしていない。ただひたすら話を聞いていただけで、こんなに喜んでもらえたわけです。「聞くってすごいことなんだな…」とよく分かりました。

「「聞き出す力」で人を動かす」のバックナンバー

一覧

「「聞き上手な人」の条件とは?」の著者

辻口 寛一

辻口 寛一(つじぐち・ひろかず)

クロスロード株式会社 代表取締役 コミュニケーション・コンサルタント

コミュニケーション・コンサルタント。「サ ポーティブリスニング」を提唱。「聞くこと」 から始めて対話力を強化する教育と、それに よってホワイトカラーの生産性を向上させる コンサルティングを提供している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長