• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ジャック・ウェルチ氏、経営20年の総決算を語る

あなたの仕事を破壊せよ

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2014年9月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日経ビジネスはこの9月に創刊45周年を迎えた。それを記念し、世相を彩ってきた“時代の寵児”20人を選び、彼らへのインタビュー記事を再掲する。それぞれの“肉声”から、今にも通じる様々な教訓を読み取れるだろう。

(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

1999年10月25日号より

官僚主義を排し、変化を愛し、変化がもたらすチャンスに胸躍らす企業――1981年にゼネラル・エレクトリック(GE)の最高経営責任者に就任し、伝統企業に活力を与え続けたジャック・ウェルチ氏が掲げる「21世紀の良い会社」像だ。「インターネットが既存のあらゆるビジネスモデルを破壊する現代において、運命の手綱を手放さないために、自ら変革を引き起こさなければいけない」と主張。「あなたの仕事を破壊せよ」部門を組織してネット時代に合致した事業構造を構築しようとしている。2000年に引退を決めている「最も偉大」な経営者が、ビジネスにかけた情熱のすべてを語った。

(聞き手は本誌編集長、小林 収)

昨日の新聞記事が魚の包装紙になる

ジョン・F・ウェルチ(John F.Welch, Jr.)
1935年マサチューセッツ州生まれ、64歳。57年マサチューセッツ大学卒業、60年イリノイ大学博士課程修了(工学博士)後、GEプラスチック事業部に化学エンジニアとして入社。68年プラスチック事業部で32歳という最年少のゼネラルマネジャーに就任し、小さかった同部門を年商4億ドルにまで育てる。77年上席副社長として消費関連製品およびサービス事業セクターを担当。主としてGEの傍流を歩み、企業変革を強烈に主張するため、異端視されてきたが、先代レジナルド・ジョーンズ氏に推薦され、81年会長兼CEOに就任する。ジャックは愛称。

 かつて活力に溢れた「良い会社」が、経営環境の変化などによって、普通以下の会社になってしまうケースは珍しくありません。ウェルチ会長は最高経営責任者(CEO)に就任して18年にわたり、GEを活性化し続けてきました。持続的な革新を可能にした要因は何でしょうか。

 どのような賛辞が新聞を飾ろうが、昨日の新聞記事は、明日には魚を包む包装紙になり下がっているかもしれない。この現実を常に念頭に置いておかなければなりません。

 過去に対する敬意は大切です。しかし、我々は過去に生きているのではない。明日のために生きる、というのがGEの哲学です。スピードを維持し、官僚主義を排し、変化を愛し、変化がもたらすチャンスに胸躍らす組織。これが私が目指してきた企業像です。

 過去に強烈な成功体験がある会社ほど、その体験にとらわれ、環境変化に取り残されがちです。常に明日を見据えることの大切さは分かりますが、言うは易しで、実行するのは極めて難しい。

 GEのやり方についてお話ししましょう。これが唯一の手法だと言うつもりはありません。ただ、常に新たな目標にチャレンジする姿勢がGEの経営の中に組み込まれていることを理解してもらえると思います。

 パソコンがオペレーティングシステム(基本ソフト)の上で様々な応用ソフトを動かすように、GEにも様々な事業を効率的に進めていくための統一的なオペレーティングシステム(運営制度)があります。

 まず、毎年1月に「イニシアティブ」を決定する。イニシアティブとは、業績伸長の推進力として全社的に取り組むべき最優先の課題を意味します。GEが現在掲げているイニシアティブは「グローバル化」「サービス化」「シックスシグマ(以下太字のキーワードは記事末の語句解説を参照)活動による品質管理」および「インターネットビジネスの推進」です。前の2つはかれこれ20年近く優先課題として掲げており、96年からシックスシグマを、今年に入ってインターネットを新たに加えました。

 決定と同時にイニシアティブは実行に移され、3月に上層部が進捗状況を調べ、4月には各部門が1日を費やし、イニシアティブの実行を中心となって推し進めるのにふさわしい人材を選びます。6月に再び進捗状況を点検し、7月に3年計画の作成、9月に再度、進捗を調べる。この結果をもとに、11月には、一度決めた人事を見直し、翌年1月にイニシアティブの実行に最も功績のあった社員を表彰します。

 航空機エンジンから金融サービスやテレビ放送(NBC)まで10の各事業、全世界30万人の社員にとって、この4つの優先課題の推進が仕事の最上位の目的となっているのですね。

コメント0

「時代を彩った“寵児”20人」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監