• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“ミスター合理化”土光敏夫氏が示したぶれない信念

滅びる王様より望みある乞食がまし

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2014年9月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日経ビジネスはこの9月に創刊45周年を迎えた。それを記念し、世相を彩ってきた“時代の寵児”20人を選び、彼らへのインタビュー記事を再掲する。それぞれの“肉声”から、今にも通じる様々な教訓を読み取れるだろう。

(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

1975年12月22日号より

「滅びゆく王様より、先に希望の持てる乞食の方がいい」という土光敏夫経団連会長。
将来に目標のない人間は生きていけないが、これは企業の経営者だけでなく消費者も含めた経済体も同様だ。
この不況を突破するには、政府がまず、景気の先行きに的確な見通しと目標を与えることが大前提だと同氏は力説する。

(聞き手は本誌編集長、吉村 久夫)

   *   *   *   

土光 敏夫氏 経済団体連合会会長、東京芝浦電気会長。明治29年9月15日、岡山県生まれ、79歳。大正9年東京高工機械科卒後、直ちに石川島造船所に入社、昭和25年石川島重工業社長、35年合併の石川島播磨重工業社長に就任。40年にはその経営手腕を買われて、当時経営危機にあえいでいた東芝社長となり、再建に成功。昨年5月、植村甲午郎氏のあとを受けて4代目の経団連会長を就任。朝晩、読経が日課。質素倹約型の私生活。この冬、ようやく最新型の暖房機を自宅に取り付けた。

 政府の不況対策をみていると、相変わらず及び腰の姿勢が目立ちます。このまま越年したら、大変なことになるんじゃないかという経済界の不安も大きくなる一方ですね。

 われわれの方でも、この1年いろいろと福田副総理らにお願いしてきたわけなんですが、思うようにいかないまま、ここまできてしまった。政府・日銀のいうようにマクロでは、景気は多少は持ち直しつつあるようにみえるかもしれないけど、ミクロではますます悪化する一方なんですよ。とにかく、需要がないから価格はちっとも上がりませんからね。

 やっと、ことしの9月に第4次の不況対策をやると決めたが、国会があんな調子で、実行は非常に遅れてしまった。これではもう5次をやる時期がありませんよ。だから、われわれは来年度予算が組まれつつあるいま、赤字国債などケチケチしないで、大型積極予算でいこう、という運動を始めたわけなんです。

 なにしろ、昨年来、政府が目標としてきた「物価と景気」のうち、物価の方は、福田さんのいう通りになっているのに、景気の方だけがあとに残された形になっていますから。

 しかし、そういう施策をやっても、来年の前半はうまくいかんでしょうね。ぼつぼつ効果が出てくるのはうまくいって秋からです。それほどに景気は冷え切っているんです。

大局的見地に立たねば前進しない

 政策のモタつきは三木内閣の指導性とか自民党の内部での問題などもからんでいるようですね。

 自民党にもいろいろな問題はあるんでしょうけど、とにかく政府内部の意見が一致していなかった、という感じですね。

 いまのような時期には、三木内閣としてはそれこそ、全体の中で協議し、協力し合いながら、確固たる認識に立って強力な政策を打ち出すべきだったんです。それが必ずしもそうはいかなかったところが問題なのです。先日、河本通産大臣に会ったときも「内閣の意思統一をはかってくれなくては困る」と申し入れたんですがね。

コメント4

「時代を彩った“寵児”20人」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授