• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トヨタ中興の祖、豊田英二氏が語ったトヨタ式合理主義

精神はケチケチ、やるときには断行

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2014年9月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日経ビジネスはこの9月に創刊45周年を迎えた。それを記念し、世相を彩ってきた“時代の寵児”20人を選び、彼らへのインタビュー記事を再掲する。それぞれの“肉声”から、今にも通じる様々な教訓を読み取れるだろう。

(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

1977年4月25日号より

「ふだんはケチに徹するが、いざというときには、ほかに一歩先んじてパッと投資する」。不況もものかわ、「目標はGM(ゼネラル・モータース)」と照準を定め、世界一へ向けてひた走るトヨタ自動車工業の総帥、豊田英二社長はその秘策をこう明かす。単なるケチとは無縁のトヨタ式合理主義の神髄を披露してもらおう。

(聞き手は本誌編集長、吉村久夫)

   *   *   *   

豊田 英二氏 大正2年、名古屋市生まれ。63歳。豊田佐吉翁の甥。昭和11年東京帝国大学工学部を卒業、豊田自動織機製作所に入社。12年トヨタ自動車工業の設立と同時に移り、20年取締役、25年常務、28年専務、35年副社長、42年社長に就任。現在、日本自動車工業会会長、経団連、日経連各常任理事。趣味は水泳。「社長をつかまえるにはプールへ行くのが一番」と社員にいわれるほど。

 産業界がおしなべて不況の中で自動車は恵まれていますね。

 いや、輸出がいいからよさそうな顔をしているだけで、国内販売は不況ですよ。トヨタグループの中でもディーラーなど国内だけの仕事をしている連中は苦しいですね。鉄鋼が値上げするとかなんとかいっているようだが、いっぺん値下げ交渉しなきゃいかんと思ってるんです(笑い)。

 カラーテレビの輸入規制の動きが米国を中心に高まっていますが、自動車の方は英国を除いては、まだそれほど問題になっていませんね。

 わが国の対米輸出はダンピングじゃないとの結論が昨年出ていますからね。まあ米国の自動車の売れ行きがいいからいまのところおさまっていますが、水面そのものが下がってくれば、また問題が出ると認識しておいた方がいいでしょう。

 海外生産も一つの対応策でしょうが、完全に海外生産したら、日本からみたら輸出でもなんでもない。せいぜい配当収入だけですからね。それで日本としていいかどうかということになりますからね。

 自動車のライン生産が今の若い人に合わないという議論がよくありますね。現にボルボがグループで自動車を組み立てています。日本の場合どうなんでしょうか。

 ボルボはライン生産ができない環境にあるからそうしているだけで、そりゃあライン生産の方が効率がいいに決まってますよ。ただ、ライン生産というと皆さん、朝から晩まで同じことをしているという感じで考えておられるが、われわれのラインはそうではない。一つのラインの中で何十、何百種類のものが流れているわけで、作業員の作業内容も1人1人少しずつ違っている。

 常に指令に反応した動作をしなければならないし、同じことを目をつぶってでもやれる作業とは違います。また作業員がその作業をどうこなすか、そのこなし方についても、自分で工夫すれば楽にいくケースもたくさん出てくるわけで、要するに常にそれを考えながら仕事をせいということになっている。機械的な流れ作業とは全然違うわけです。

 結局、飽きがこないようにして、しかも常に判断を伴う作業をするようにしてあるわけですか。

 一種の判断を伴う作業です。判断を伴わない作業はほとんど機械がやりますよ。機械に判断させるのは不可能ではないにしても非常に難しい。果たして機械に判断させるのが経済的かどうかも問題ですね。

コメント4件コメント/レビュー

当時はこのやり方で良かったのだろうが、先見の明はなかったようだ。三河の片田舎に技術者を押し込めて休日さえも自由にさせなかった貧乏臭い精神が、間違いなく今のトヨタにツケとなって降りかかっている。すなわち、自動車の文化的側面など深く考察することがなかったため、未だに頭をドイツ車のブランドに押さえ込まれ、一方下からは韓国車に突き上げられるという日本企業の典型的症状を呈している。まあ、これからはハイブリッドシステムの外販と発展途上国にヤンキー向けのワンボックスでもせいぜい売りまくったらどうか。しかし、せっかく儲けても金の使い方がわからない企業が多すぎるのは困ったものだ。(2014/09/08)

「時代を彩った“寵児”20人」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

当時はこのやり方で良かったのだろうが、先見の明はなかったようだ。三河の片田舎に技術者を押し込めて休日さえも自由にさせなかった貧乏臭い精神が、間違いなく今のトヨタにツケとなって降りかかっている。すなわち、自動車の文化的側面など深く考察することがなかったため、未だに頭をドイツ車のブランドに押さえ込まれ、一方下からは韓国車に突き上げられるという日本企業の典型的症状を呈している。まあ、これからはハイブリッドシステムの外販と発展途上国にヤンキー向けのワンボックスでもせいぜい売りまくったらどうか。しかし、せっかく儲けても金の使い方がわからない企業が多すぎるのは困ったものだ。(2014/09/08)

なるほど、万博を出汁にテストコースに通じる道を税金で造らせたのもこの合理主義か(アジをしめて燃料電池車で同じ事をもう論でいるが)。1990年代でもグループ運動会の入場行進中、メインストレートでお偉さんに右向けをさせていたのもこの合理主義か。同じ頃、日本にきたときにこの会社の人間に評価をきかれ「所詮日本の地方の会社さ」と言い放ったドラッカーはなんと偉大な人物だったか。(2014/09/08)

「仕事というのは“非人間的”なものの方が多い」これが進んで部品コストの一律30%カットとかを平気で命令する下請けいじめに発展しているんですね。結局トヨタ従業員を食わせることは考えるけど、その他の人間は知らないという精神なんでしょうね。(2014/09/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授