• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ヨーロッパの「出会い」が教えてくれた真実

2014年9月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

パリ北駅

 会社の永年勤続休暇をフルに利用して、筆者は8月中下旬、10泊11日の日程でヨーロッパをフリーで旅行した。訪れたのはフィンランド、バルト3国、ウクライナ、オーストリア、スロバキア、独仏英の計10カ国である。

 学生時代のように2カ月以上といった長い期間ではないので駆け足の旅になってしまったが、当時の旅行スタイルを再現することができた。ウクライナの首都キエフについては当コラムで9月2日に配信された「エコノミストが『探検』したウクライナの現状」をご覧いただくとして、今回は旅行中に出会ったさまざまな国の人の話を、ざっくばらんにしてみたい。欧州など世界の経済情勢や政治事情が、そこから見えてくる。

パリ北駅の前でゴミ箱をあさる男たち

 約30年ぶりに訪れたパリ。大学生の頃に泊まったことがある、北駅近くにある2つ星の小さなホテルに泊まった。不思議なもので、このホテルの場所は身体が何となく覚えていたので、すぐに見つけることができた。屋根裏にある一番安い部屋が空いていた。

 パリという街は、これがあるからだと一言で言うのはなんとも難しいのだが、相変わらず魅力的だ。そんな街に30年前はなかったが、現在はあるものとしては、レンタル自転車「ベリブ」などいくつか思いつく。だが、筆者が今回の旅で一番印象に残ったのは、夜、ちょうど暗くなってきた時間帯に、北駅の横にあるゴミ箱を真剣にあさっていた男たちである。

 1人はジャケットを着ており、身なりは普通だった。景気が良く失業率が低いドイツやオーストリアではほとんど見かけなかったホームレスや物乞いが、パリにはけっこういる。フランスの経済がいかに苦境にあるかが、そうした様子からも分かった。これは景気の良し悪しに関係ないパリの名物だが、地下鉄の切符自動販売機のところには詐欺を試みる子どもがいた(むろん筆者は引っかからなかった)。

 フランスの実質GDP(国内総生産)は、1~3月期に続いて4~6月期も前期比ゼロ成長である。フランス(本土)の失業者数は7月に342万4400人となり(前月比+0.8%)、過去最多を更新している。オランド政権による失業率引き下げの取り組みが失敗していることが示されたと報じられた。

コメント4件コメント/レビュー

会社勤めの永年勤続ご褒美という、時間と空間とのひだとも言うべき気分的なゆとりの中から生まれた極く自然な紀行文に好感を持った一人です。百聞は一見に如かずなどと説教じみたことを言うつもりではありません。距離を置きながら失礼ながら見るべきもの事や感じたことの断片に感銘しました。やや先の時代、書くべくして記さねばならぬ物書き氏の旅行記が流行しました。今は人の往き来もグローバルになって何よりの反面、やや有名人にテーマを課してのリポートは鼻について厭味を感じます。記事後段の大戦末期の1944年にドイツに対してポーランド人が立ち上がったワルシャワ蜂起などに関する展示があった。展示を見た次の日だっただけに、ドイツ人とポーランド人の夫婦が仲良く旅行している姿に接して、筆者は感慨に浸った。世界大戦の「負の遺産」を乗り越える努力をするという点で、欧州の事例は日本にとっても、大いに参考になるはずである。私も共鳴共感で多謝です。(2014/09/17)

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「ヨーロッパの「出会い」が教えてくれた真実」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

会社勤めの永年勤続ご褒美という、時間と空間とのひだとも言うべき気分的なゆとりの中から生まれた極く自然な紀行文に好感を持った一人です。百聞は一見に如かずなどと説教じみたことを言うつもりではありません。距離を置きながら失礼ながら見るべきもの事や感じたことの断片に感銘しました。やや先の時代、書くべくして記さねばならぬ物書き氏の旅行記が流行しました。今は人の往き来もグローバルになって何よりの反面、やや有名人にテーマを課してのリポートは鼻について厭味を感じます。記事後段の大戦末期の1944年にドイツに対してポーランド人が立ち上がったワルシャワ蜂起などに関する展示があった。展示を見た次の日だっただけに、ドイツ人とポーランド人の夫婦が仲良く旅行している姿に接して、筆者は感慨に浸った。世界大戦の「負の遺産」を乗り越える努力をするという点で、欧州の事例は日本にとっても、大いに参考になるはずである。私も共鳴共感で多謝です。(2014/09/17)

蛮行の具体的な内容が分かりませんが、それらはみんなナチスのせいにして、党員以外のドイツ人は被害者という立場ですよね。ですから彼らは蛮行を自分のこととしては考えていないでしょう。賠償もユダヤ人個人だけが対象のはずです。周りの国もその虚構を受け入れてのドイツとの和解です。戦争が続いた地での知恵ですね。今でも嘘で被害者面をする東アジアと違うところでしょう。中近東も30年でも100年でも激しい戦争をしてその知恵を持たない限り、諍いは終わらない気がします。(2014/09/17)

相変わらず主張ありきで紀行文のようにレポートを書くのはやめていただけないでしょうか。ドイツよりも失業率の低い日本でもホームレスの方は目にしますし、フランスの政策の失敗の要因は上野さんが大嫌いな「金融政策」と「財政政策」を打てないから他ありません。ドイツ経済が好調なのも、そのような状況の周辺諸国に対して「通貨が高くならない」ため、常に輸出国でいられるという理由があります。またドイツの再生可能エネルギーも安定稼働せず、フランスの原発頼りであることは周知の事実ですし、それこそドイツの方々に評価を聞けば良かったのではないでしょうか。ドイツの街中でトルコ人を中心としたイスラム教徒の移民の方々を多く目にされたと思いますが、何故それに触れずにシンガポールの青年の話で移民政策のメリットを謳うのか非常に疑問です。(これも当のドイツ人に聞くべきことでした)さらに、戦争への反省という意味では、何が悪かったのか(実際に慰安婦捏造問題などで揺らいでいる)状況では、間違ったモニュメントを立てるのではなく、自虐史観を除いて本当の当時の状況をしっかり振り返ったほうが良いと思われます。参考にならないどころか「害悪である」というボタンがあったら押したいところです。(2014/09/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授