• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

失敗からいかに学ばせるか

2014年10月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

<アドラーの名言>

「まだ無理だ」と思っても、やらせてみる。失敗しても「今度はうまくできるはず」と声をかけることが大切なのだ。

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』(小倉広、ダイヤモンド社)より

「言われた通り」では反省なんかしない

 今から20年以上前、私がまだ20代の会社員だった頃のことです。当時、私の上司だった佐藤課長(仮名)は、どちらかというと世話焼きであり、仕事の仕方を細かく指導してくるタイプでした。私はそんな佐藤課長と二人三脚で販促プランを練り上げました。そして、いよいよ実行に移すことになったのです。すると・・・

「小倉、例の件、ここに気をつけろよ」
「そうそう、あの仕事はこうやった方がうまくいくぞ」
「××さんに電話しておけよ」

 こんな指示が次から次へと飛んできました。私は初めこそ「親切な課長だな」と感謝していたのですが、やがて、あまりの細かさにうんざりし、反発心が湧いてきました。しかし、それでも、事細かな指示や命令はやみません。私はふてくされ、「はいはい、わかりました。課長のおっしゃる通りにやればいいんでしょ。 私は単なるロボットですから」という態度で仕事をするようになりました。

 結局、2人で考えた販促プランは、たいした成果も出せずに終了しました。しかし、私は全く反省しませんでした。なぜならば、私は佐藤課長の言う通りにやっていただけだからです。失敗したのは、私のせいではありません。すべて課長の指示の結果です。私は当時、真剣にそう考えていました。ですから、私はこの仕事から学ぶということは一切ありませんでした。私にとって、何の経験にもならなかったのです。

 では、もしこの販促プランが成功していたら、どうでしょうか。 残念ながら、これも全く経験にはならなかったでしょう。

 実際、私は佐藤課長の指示・命令に従い、操り人形として仕事をこなして、大成功したことがあります。しかし、この時も全くうれしくありませんでした。なぜならば、仕事の成果はすべて課長のものであり、私のものではない、と思ったからです。

 失敗するにせよ、成功するにせよ、上司の言いなりでこなした仕事は経験にも学びにもならない。だからこそ、上司は部下に細かく指示・命令してはならない。私は部下の立場で過去の経験からそのように学びました。

コメント4件コメント/レビュー

これは結構難しい事ですよ。そういう勉強の為の失敗に付き合わされる相手もいい気はしないでしょうし、判っている落とし穴を避けなかった為の損失が大きければおいそれと失敗させられません。新人にも今時だと意地悪だとして恨まれるだけだったりする。自分体験記でも弁当を忘れて母が届けに来るという恥ずかしい思いをしたと言う(失敗という痛い目にあっている)のに、変わらなかったのだ。教育として疑似体験として失敗すればペナルティを与える場を提供するビジネスは今時ならアリかね。それでも痛い目にあっても学習しない人間は結構居るとしか思えないよ。教育しても身につかない人間よりは少ないけれど。結局本人が教育でも体験でもどれだけ自分事としようとしたかに帰結。痛い目も自業自得と思えるか?口で聞かない(教育)子への間接的体罰(痛い目)に同じようにも思える。その意味でも諸手をあげての賛同は出来ない。(2014/10/01)

「アドラーの名言に学ぶ部下育成のヒント」のバックナンバー

一覧

「失敗からいかに学ばせるか」の著者

小倉広

小倉広(おぐら・ひろし)

組織人事コンサルタント

小倉広事務所代表取締役。組織人事コンサルタント、アドラー派の心理カウンセラー。大学卒業後、リクルート入社。ソースネクスト常務などを経て現職。対立を合意に導く「コンセンサスビルディング」の技術を確立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これは結構難しい事ですよ。そういう勉強の為の失敗に付き合わされる相手もいい気はしないでしょうし、判っている落とし穴を避けなかった為の損失が大きければおいそれと失敗させられません。新人にも今時だと意地悪だとして恨まれるだけだったりする。自分体験記でも弁当を忘れて母が届けに来るという恥ずかしい思いをしたと言う(失敗という痛い目にあっている)のに、変わらなかったのだ。教育として疑似体験として失敗すればペナルティを与える場を提供するビジネスは今時ならアリかね。それでも痛い目にあっても学習しない人間は結構居るとしか思えないよ。教育しても身につかない人間よりは少ないけれど。結局本人が教育でも体験でもどれだけ自分事としようとしたかに帰結。痛い目も自業自得と思えるか?口で聞かない(教育)子への間接的体罰(痛い目)に同じようにも思える。その意味でも諸手をあげての賛同は出来ない。(2014/10/01)

当たり前のことですが、「放っておく」ことを実践するのは難しいですね。今日もまた反省。(2014/10/01)

人材育成の一つの方法として、気づかされる所がたくさんあります。しかし2点でコメントします。問題対処の方法として、原因分析よりも、どうすれば上手くゆくかを考える事は、方法の選択肢の一つですから、常に考えておくべきことです。しかし職場風土によっては、原因をなおざりにしてはいけない場合もあり、これが万能ではないのは、筆者も承知の事と思います。また人材育成の観点からは、今いる人をそのポストで有効に育てるにはここにある方法で実行すると結果が出ると思われます。しかし組織のトップ、部門長を育てるには、これではおぼつかないと思われます。確かに自信を持った人材を育成できても、極端に言えばこの育成で、その先に「社長」というポストは考えられません。元々「逃げる人」はそういう仕事には不向きと思われるからです。(2014/10/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授