• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オバマ不人気にもかかわらず、共和党の上院奪還に陰り

米ワシントン・ポストが「民主党の過半数維持」を51%と予測

2014年10月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米中間選挙における選挙民の動向に「異変」が起こっている。共和党が制すると見られてきた上院で、民主党がひょっとすると多数を堅持するのではないのか、という予想が出始めたのだ。

 米ワシントン・ポストが今年からウェブサイト上に設置した選挙予想「Election Lab」が、「上院選挙予想速報」(9月16日付)において、「民主党が上院での多数を51%の確率で堅持する可能性がある」との予測を公表した。各種世論調査の中で民主党の優勢を予測したのは、これが初めてのこと。
(“Democrats now have a 51 percent chance of holding the Senate,” Chris Cillizza, The Washington Post, 9/16/2014)

 中間選挙は「現職大統領に対する中間テスト」とされる。大統領選後の世論のゆり戻しもあって、従来、与党は票を失うとされてきた。特に支持率が低迷を続けるバラク・オバマ大統領を戴く与党民主党が上院でかなり議席を失うと見られてきた。

 そうした中で「民主党が上院での多数を51%の確率で堅持する」という予想が出たのだ。その理由は何なのか。

NYタイムズやFiveThirtyEightも民主党の追い上げを指摘

 一つにはこれまで苦戦を強いられていた民主党候補に対して、リベラル派から物心両面の強力な支援があったことがある。特に「スーパーPAC」を使った資金集めが功を奏している。二つ目として、共和党候補の中に人格的にも政治的素質にも問題がある者がいたことが挙げられる。さらに、「何にでも反対ばかりする共和党の議会運営に国民はうんざりしている」(米主要紙政治記者)ことを指摘する向きもある。

 クック・ポリティカル・リポートなど老舗の選挙予想機関も、「激戦区が多く、上院の議席は11月4日には確定しない」と予想を修正し始めている。
(“Razor-Thin Lead for the GOP,”Charlie Cook, National Journal, The Cook Political Report, 9/20/2014)

 刻々と変化する上院選の当落予想を掲載すべく、米ニューヨーク・タイムズも「The Upshot」を設置した。「FiveThirtyEight」としのぎを削っている。FiveThirtyEightは、08年の米大統領選を完璧に予測したことで有名になった数学者、ナサニエル・シルバー氏が管理運営する選挙予想機関。13年までニューヨーク・タイムズ傘下にあったが、現在はテレビ局ESPNの傘下にある。

 The Upshotは9月中旬時点で、「共和党が過半数を奪還する確率」を51%と分析。ただし、共和党が強いと予測しつつも民主党が追い上げていることを認めている。一方、FiveThirtyEightは、この確率が55%に落ちたと分析している。9月初旬時点では共和党が過半数を得る確率を64%と予想していた。
(“How The FiveThirtyEight Senate Forecast Model Works,”Nate Silver, FiveThirtyEight, 9/17/2014)

コメント0

「アメリカ現代政治研究所」のバックナンバー

一覧

「オバマ不人気にもかかわらず、共和党の上院奪還に陰り」の著者

高濱 賛

高濱 賛(たかはま・たとう)

在米ジャーナリスト

米政治・経済・社会情勢を日本に発信している。1969年、米カリフォルニア大学卒業、読売新聞社に入社。米特派員、総理官邸・外務省担当キャップ、デスクを経て、調査研究本部主任研究員。98年からUCバークレー校上級研究員。同年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官