• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

チアリーダーロボットが映し出す、ムラタの未来

目指すは「脱・部品単体売り」ビジネス

2014年10月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 身長の半分は占めるであろう大きなボールに乗りながらも、必至にバランスを取る10体の女の子型ロボット。音楽に合わせて一斉に動き出しダンスを踊り始める。

 列を組んだり、先頭の女の子を追いかけたり、円形になって回ったり…。様々なフォーメーションで繰り広げられるダンス。女の子たちの動きはややふらついているものの、決してぶつかることはない。最後にハートの陣形を組みながら両手を上げて一連のパフォーマンスは終了する。

 冒頭のシーンは、村田製作所が9月25日に発表した玉乗り型ロボット「村田製作所チアリーディング部」の記者会見での一コマ。その健気な姿はつい応援したい気持ちにさせられる。筆者自身、パフォーマンスが終了した瞬間に思わず「よく頑張った」と褒めてあげたくなってしまった。

4代目でチアリーダーに

 電子部品メーカーでありながら、これまでもロボットを開発してきた村田製作所。今回のチアリーディング部は、自転車に乗る「ムラタセイサク君」(1991年と2005年)、一輪車に乗る「ムラタセイコちゃん」(2008年)に続く、4代目のロボットになる。

 村田製作所自身、ロボット事業に参入するわけではない。自社の無線通信モジュールやセンサーが数多く搭載されたロボットを、自社の営業活動や社外イベントに登場させることで技術力をアピールする狙いがある。さらに、小学校などへの出前授業にも登場し理系の楽しさを子供たちに伝えるのに一役買っている。

 セイサク君やセイコちゃんは、こうした対外活動のために国内外を飛び回っている。直近3年間の活動実績は、2011年が261回、2012年が285回、2013年が321回と超多忙だ。日本だけでなく、米国や中国、インド、欧州など海外も含まれている。今回開発したチアリーディング部もこうした活動に取り組む予定だ。

発表された「村田製作所チアリーディング部」。この写真ではボールには乗っていない

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「チアリーダーロボットが映し出す、ムラタの未来」の著者

佐伯 真也

佐伯 真也(さえき・しんや)

日経ビジネス記者

家電メーカーで約4年間勤務後、2007年6月に日経BP社に入社。日経エレクトロニクス、日経ビジネス編集部を経て、15年4月から日本経済新聞社証券部へ出向。17年4月に日経ビジネス編集部に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長