• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人は誰でも「話したい欲求」を持っている

2014年10月15日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これまでの5回にわたる話から、「聞き出す力は、無理に口を割らせる技術ではない」ということをご理解いただけたかと思います。今回は、「誰にでも『話したい欲求』があり、それを上手にくすぐってあげることが大切だ」という話をしたいと思います。

 ここで、皆さんに質問があります。

  • 「本当のことを知ってほしい」「わかってもらいたい」
  • 「なるべく、ウソはつきたくない」「正直に話したい」
  • 「自分だけが知っていることを、『実はね…』と打ち明けたい」

 このような欲求が、ご自身の中にありませんか?

 いきなりこう聞かれると戸惑われるかもしれませんが、「まったくそんなことは思わない」という人は稀だと思います。これらはすべて「話したい欲求」の表れです。どんなに無愛想で無口な人でも、こうした欲求が少なからずあるものです。

 アニメ「ムーミン」に「リトルミイ」という女の子が出てきます。彼女の名言に「結局、秘密というものは、たいてい自分からしゃべっちゃうものなのよ」というものがあります。「人には話したい欲求がある」ということを端的に表現しているように思います。(ただし、「リトルミイの名言」は出典に疑問があります)

多くのジャーナリストが、取材対象者から好かれているのはなぜか

 聞き出すプロであるジャーナリストたちは、一般に、取材対象者から好かれているものです。これは、無理に聞き出そうとせず、話したい欲求を上手にくすぐって話を聞き出しているからです。以前、ある高名なスポーツジャーナリストに話を伺ったことがあります。世間では無口で気難しいと思われているスポーツ選手でも、ひとたび話し出すと溢れるようにしゃべり始めることがよくあるのだそうです。

コメント0

「「聞き出す力」で人を動かす」のバックナンバー

一覧

「人は誰でも「話したい欲求」を持っている」の著者

辻口 寛一

辻口 寛一(つじぐち・ひろかず)

クロスロード株式会社 代表取締役 コミュニケーション・コンサルタント

コミュニケーション・コンサルタント。「サ ポーティブリスニング」を提唱。「聞くこと」 から始めて対話力を強化する教育と、それに よってホワイトカラーの生産性を向上させる コンサルティングを提供している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック