• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

母、「60歳からのハローワーク」に挑む!

高齢者の仕事は清掃か調理補助しかない?

  • 若輩ライターズ2014

バックナンバー

2014年10月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今シーズン2回目は、自分が還暦を越えて働こうと思ったとき、どのような状況なのかを思い知らせてくれる記事をお送りします。テーマは「親の再就職」です。就活を控えた息子が見た、60歳のお母さまの奮闘を、ハンカチを用意してお読み下さい。(担当編集Y)

 日経ビジネスオンラインをご覧の皆様、こんにちは。九州の私立大学に通う3年のIと申します。男性です。日々立派な社会人になるために、商品開発やインターンシップなど様々な事に挑戦しております。よろしくお願い致します。

 今日は私の母の「就職活動」についての話をさせてください。

 私は母が41歳の時に生まれた子で、母は今年62歳になります。一般的に言いますと、労働市場からはリタイアした年代です。しかも結婚して以来、ずっと家を守ってきた母がなぜ“いまさら”会社で働きたいと思ったのでしょうか。

 背景には、こんな事情があります。

 私の父は建築関係の自営業をしておりますが、業績は景気に左右され、安定という言葉には程遠い状況です。母は結婚と同時に父の会社の事務を手伝っていました。ある程度は数字が分かるわけで、あれこれと意見を言うと、父は「俺が、飯を食べさせているんだ、口出しをするな!!」と言い返す。

 そんな毎日が続いていく中で還暦を迎え、母はふと思ったのだそうです。

「私は、人生の総仕上げの段階に入った。この先はずっと笑顔で暮らしていきたい。そのために、今の自分を変えなくてはいけないんじゃないだろうか」

母、還暦にして立つ

 母は、そのために二つのことが必要だと考えました。

 一つ目は、精神的に自立すること。
 父は亭主関白で、自分はそれに完全に引っ張られ、依存してしまう。これを変えたい。

 二つ目は、経済的な自立。
 まず「自分の食費は自分で稼ぐ」ことから、精神的な自立も始まる、と考えたのです。

 母がこの思いを口に出したときに、私は大学1年生でした。家事も一通り出来るようになっていたので「自分が家のことを手伝うから、働いてみれば」と提案しました。

 そして、母は本当に就職活動を始めたのです。

 2012年10月、60歳から就職活動を始めた母が向かったのは、生まれて初めて行くハローワーク(公共職業安定所)でした。

 母は簿記の一級を持っており、経理の実務も担当していたことから、事務職を希望していました。

 しかし、知らないというのは恐ろしいもので、これはとんでもない茨の道でした。

コメント29

「会社員の皆さん、若輩から一言」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長