• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

実践! 下町商店街の活性化に「狭告」を活用

既にそこにあるビッグデータとの対話(その4)

2014年10月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回の記事「有望な『潜在顧客』から順に“狭告”を見せる! ~既にそこにあるビッグデータとの対話(その3)」では、膨大な個人属性、興味・関心プロフィールが顕在層と共通する潜在層にだけ広告を見せるSocialAd99というサービスが開拓した可能性を示しました。

 今回は、前々回記事「超絶ピンポイント! もはや広告ではなく“狭告”だ」で解説したフェイスブック広告出稿の基本を踏まえて、他のアンケート調査結果から得た仮説を併用し、実際にローカルビジネスのフェイスブックページ活性化を行った「東十条銀座商店街」の事例を紹介します。

 実行したのは北村咲子さん。彼女は、法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科の私の講座『ソーシャルメディア論』の今年度受講生です。

 講座の前半には、悩める企業ソーシャル担当者さん中心に7万2000人以上が購読するソーシャルメディアマーケティングラボ(Social Media Marketing Lab.)の編集長・藤田和重さんが特任講師として登壇。企業ソーシャル運用の実際を豊富な事例とともに紹介してくれました。

 以後、私の講義の過程で、自身のフェイスブックページを立てて、広告出稿を行い、それについてのショート・プレゼンを受講生全員にやってもらいながら、講評、アイデア付加などを行いながら進めるという実践的な講義。本番さながら、というよりも本番そのものの真剣勝負です。

コピペでは絶対に対応できないレポート課題

 2週間半の夏期集中講義(火木土の午前2コマずつ)が終盤に差し掛かった頃、成績を付ける必要もあって、次の2つのレポート課題を出しました。

課題1 自分の将来ビジネスの顧客を想定し、広告作成ページと「対話」しながらターゲットを精密化し、なぜそのように設定したかを論述してください。

課題2 そこで採用した広告クリエイティブ(画像と文章)を提示し、それらを見たら、自分の潜在顧客が思わずクリックしたくなる理由を述べてください。また、クリックしてフェイスブックページに移動した時に、納得、満足していただくには、ページにどんなコンテンツや機能(アプリ)が求められるか、2、3挙げてください。

 近年、特に今年になって、大学院のレポート課題や、あろうことか修士論文や博士論文をコピペで出す学生がいる問題が騒がれるようになりました(教育現場は戦々恐々としていますね)。

 数年前までは、知識を問う課題も出していたのですが、その際にも具体的な事例を探してもらう課題では「AやBやCなどの特徴を【持たない】Xについての事例を示し、コメントせよ。」という出題とし、通常ならざるサービス商品についての理解を問うなど工夫をしました。お察しのように、見事に正反対の「AやBやCなどの特徴を【持った】Xについての事例」をウェブ検索で引っ張ってきて、そのページにあった考察らしき文章をそのままコピペしてきた例が過去に1つだけあり、落第点を付けたのを覚えています。

コメント1件コメント/レビュー

非常に興味を持ちました。北区在住でコンサルの端くれですが、商店街の衰退には胸を痛めていたので、事案も含めて非常に近しいものを感じました。次回を期待しています。(2014/10/30)

「Dr.ノムランのビッグデータ活用のサイエンス」のバックナンバー

一覧

「実践! 下町商店街の活性化に「狭告」を活用」の著者

野村 直之

野村 直之(のむら・なおゆき)

メタデータ株式会社社長

NEC、MIT人工知能研究所、ジャストシステム等を経てメタデータを創業。ビッグデータ分析、ソーシャル活用、機微情報の匿名化ソリューションなどを提供中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

非常に興味を持ちました。北区在住でコンサルの端くれですが、商店街の衰退には胸を痛めていたので、事案も含めて非常に近しいものを感じました。次回を期待しています。(2014/10/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授