• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

パパやママが働いている姿を観て

仕事参観日のススメ

2014年11月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 家族の仕事への理解が、社員を働きやすくする!

 今回の記事は、面白法人カヤックが開催した「仕事参観日」というイベントの振り返りです。これを企画し主催したカヤックのメンバー長谷川哲士からの寄稿になります。

 みなさんは「自分の仕事を家族や友達に話したことがありますか?」または、「自分の仕事を理解してもらいたいと思ったことがありますか?」…と、いきなり疑問を投げかけて、何なんだと思われた方もいるかもしれませんが、カヤックで今年の7月7日に開催した「仕事参観日」というイベントを振り返ってみます。仕事参観日とは、学校で開催される授業参観日の仕事バージョンと言えばわかりやすいでしょうか。

 カンタンに説明しますと、社員の家族に、社員が働いているオフィスに来てもらって、社員の仕事ぶりや、どんな人と働いているのかを見学してもらい、仕事への理解を深めてもらおうという企画です。

 カヤックという企業は、「面白法人」というちょっと奇抜なキャッチコピーを打ち出していたり、サイコロを振って給料を決めていたり、うんこ演算というようなアプリを出したり、カヤックで勤める社員の家族からすると「あなたが働いている企業は大丈夫なのか?そもそも何をやってお金を儲けているのか?」という不安を持たれています。そこで、少しでも社員の家族の仕事への理解を深めていただこうと、定期的に「KAZOC(カゾック)」というカヤックの業績や仕事がカンタンにわかるような家族報をお配りしています。今回の「仕事参観日」も、家族に理解を深めていただこうと開催しました。

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「パパやママが働いている姿を観て」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員