• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

これからも続く新型大国関係をめぐる確執

米中首脳会談が浮き彫りにした溝

2014年11月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「いまここでリークするわけにはいかない。サプライズだ。ただ、中国の特色ある場所で行われることは間違いない」

 11月4日、ワシントン。駐米中国大使を務める崔天凱氏はこのように答えた。アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開催される直前に、中国2大通信社の一つ、中国新聞社の記者が「習近平・オバマ会談は北京のどこで行われるのですか?」と質問したのに応じた。

 今回の米中首脳会談は、2013年6月に米カリフォルニア州サニーランドで約8時間にわたって行われた非公式会談に対する“お返し”の意味合いを持つ。このため“北京版サニーランド会談”に中国メディアは注目していた(今回のオバマ大統領訪中は公式訪問であるため、厳密にはサニーランド非公式会談と同等に扱うことはできない)。

オバマは「新型大国関係」をどう考えているのか

 11月11日、18時半。APEC首脳会議終了後、習主席がオバマ大統領を出迎えたのは、自身の仕事場でもある中南海だった。中国共産党の権力を象徴するこの場所は、崔大使がほのめかしたように、中国の特色に溢れた場所だ。

 黒いロングコートをまとった習近平・オバマ両首脳は、米中それぞれの通訳だけを伴って、中南海の瀛台(えいだい)を散歩し始めた。辺りはすでに真っ暗になっていた。サニーランドにならって、2人は今回もノーネクタイだった。

 習主席はオバマ大統領に対してこう切り出した。「我々は昨年サニーランドで会談をし、今日は夜の瀛台で話をすることになった。以前よりも多くの項目で合意できるようになった。一方で、考えが異なる部分もある。議論をし、違いがあることを受け入れればいい。それこそが中米新型大国関係を的確に体現することになるのだ。相互に理解・尊重し、摩擦を管理し、衝突せず、対抗せず、協力できる関係を実現することだ。これからの日々の中で、我々がこのような環境づくりに励み、今回のような話し合いをより多く持てることを私は望んでいる」。

 中南海での習近平・オバマ会談に関わった共産党関係者は次のように語る。「サニーランドで“新型大国関係”を切り出して以来約1年半が経った。今の時点でオバマ大統領がこの概念をどのように捉えているかを知ることが、習主席にとって今回の会談の一つの目的だった」。

 両首脳は歴史、経済、人権、民主、主権、統一など、多岐にわたって習主席と意見交換をした。本来の予定では21時半に終了するはずだった“中南海会談”は、23時過ぎになってようやく終了した。

 オバマ大統領は習主席にこう告げて、2人は別れた。「今晩、私は人生のなかで最も全面的に、そして深く中国共産党の歴史と執政理念、そしてあなたの思想を理解することになった」。

コメント0

「米中新時代と日本の針路」のバックナンバー

一覧

「これからも続く新型大国関係をめぐる確執」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト