• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タカタがソニーとトヨタから学べなかったこと

「ムラの論理」が品質問題を炎上させる

2014年11月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 エアバッグなどを開発する自動車部品メーカーのタカタが、品質問題を巡って揺れている。11月20日、米上院商業科学運輸委員会は同社のエアバッグ欠陥問題に関する公聴会を開催した。

 エアバッグはクルマが衝突するなど強い衝撃が加わった時に、瞬時に膨らんで乗員を守るクッションの役割を果たす。だが今回、内部のインフレーターと呼ぶガスを発生させる装置に不具合があり、エアバッグ展開時に壊れた部品が飛散して乗員が死傷する事故も発生。全世界で1000万台を超える大規模リコール(回収・無償修理)に発展している。

 問題のエアバッグは、2000~2007年頃に米国やメキシコで生産された。タカタは世界シェアの2割を抑える大手だけに、最大ユーザーのホンダをはじめ、トヨタ自動車、日産自動車、マツダ、米フォード・モーター、米クライスラー、独BMWなど多くのメーカーにリコールは波及した。

被害女性が状況を語る

 公聴会ではまずエアバッグの動作や問題について概要が説明された後、ホンダのシビックに乗っている際に事故に遭遇した米国人女性が登場した。会場には大きく引き伸ばされた写真が掲げられる。右目近くの頬の部分を負傷した、事故当時の彼女の写真だ。女性は状況を生々しく語った後に、「リコール通知を受け取れなかったことが分かっていたのにも関わらず、ホンダ販売店は私に通知しようとしなかった」と非難し、「リコールのプロセスを改善して欲しい」と訴えた。

 その後、タカタの品質管理を担当する清水博シニアバイスプレジデントと、タカタ製エアバッグの最大ユーザーであるホンダ北米統括会社のリック・ショステック上級副社長が登場した。日本の自動車業界の幹部が米公聴会に出席するのは、2010年のトヨタ自動車の豊田章男社長以来だ。両者は「誠に申し訳ない」と被害者や遺族に対して陳謝した。

(公聴会に出席した清水博シニアバイスプレジデント、写真:AP/アフロ)

コメント8

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「タカタがソニーとトヨタから学べなかったこと」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長