• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自転車活用は、ロンドンと尼崎に学べ

  • 江村 英哲

バックナンバー

2014年11月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 歩道を歩いていると、背後の自転車から「道をあけよ」とばかりにベルを鳴らされてムッとした経験はないだろうか。「気分が悪い」程度で済むなら良いが、子どもや高齢者と自転車が衝突すれば大けがになりかねない。自転車が歩行者をはねたとして、高額な賠償が求められるケースも出てきている。これは決して他人ごとではない。自転車という免許の必要ない車両は誰でも乗ることができるため、あなたは被害者にも加害者にもなり得るのだ。

 自転車は道路交通法で「軽車両」に該当する。自動車と同じ扱いとなり、歩道と車両が区分されている道路では、車道を通行するのが「原則」だ。車道では自動車の流れと同じ左側の路側を走るのがルール。2013年12月施行の改正道路交通法では、右側を走った場合には法律違反となり、罰則が科されることになった。

 歩道を走る自転車はあくまで「例外」。その例外が日本全国で現在までまかり通っていることが、歩道を走る自転車への「いらだち」につながっているのだろう。

交通事故は減少傾向にあるものの、自転車に限ると増加している
※「自転車の安全利用促進委員会」のデータより作成

 自転車の安全やマナーについて調査・研究する「自転車の安全利用促進委員会」によると、交通事故の総件数は2000年の93万1934件から2010年には72万5773件へ約2割減少した。一方、自転車対歩行者の事故は同じ時期に、1827件から2760件と約1.5倍に増加している。東京都心部では東日本大震災で交通機能がマヒした経験から、通勤や通学に自転車を活用する例が増えているという。健康志向を背景に、自転車の利用者は中期的に増加傾向にある。いつまでも「例外」を許しているようでは、新しい社会問題を生みかねない。

ママチャリの普及が生んだ自転車ルールの曖昧さ

 なぜ、日本の自転車運用のルールは曖昧なのか。NPO法人の自転車活用推進研究会の瀬戸圭祐理事は「1970年代、主婦層が使うシティサイクルが急速に普及したことが背景にある」と説明する。シティサイクルは軽快車ともいい、人口に膾炙した表現では「ママチャリ」と呼ぶ。買い物や子どもの送り迎えに使う実用的な自転車で、ホイールが小さくスピードは出にくい。

 ママチャリが普及した当時の日本は、モータリゼーション花盛り。車道ではクルマの走りやすさが優先された。車道を自転車が走ることは想定外で、買い物かごからネギや大根を出してママチャリが歩道を走っても、それをとがめるという風潮はなかった。その「例外」が日本の自転車文化として、今日まで40年にわたって続いているのだ。

 しかし、時代は変わり自転車は進化・多様化した。マウンテンバイクやロードレーサーなど軽量で大きなホイールの車種は、ママチャリからは想像できないようなスピードを出せる。こうしたスポーツタイプ自転車の愛用者の多くは道路交通法を守って、車道を走っている。だが、中にはルールが曖昧なのを良いことに歩道をわがもの顔で走る利用者もいる。もっともバスや大型車が行き交う狭い道では、自転車が歩道を走らざるを得ないケースもある。自転車側だけに責任を押し付けることはできないのかもしれない。

 いずれにせよ、「自転車が歩道を走る」という長年の慣習が、自転車と歩行者の衝突事故を生む土壌となっていることは確かだ。これから一段と高齢化が進む日本社会で歩道を走る自転車が増えれば、痛ましい事故につながる可能性が高まる。

コメント9件コメント/レビュー

自転車と歩行者の衝突事故の大半は、携帯電話などに気を取られた前方不注意か、スピードの出し過ぎが原因ですよ。むしろ下手に車道を走って転倒。ブレーキが間に合わずに優良ドライバーが加害者になってしまうリスクを軽視していませんか。大変失礼ながら記者さんは雪国に住んだ経験がないのでは? 休日の間に大雪が降った日は除雪が間に合わず、歩行者さえ車道の隅を歩かざるを得ないケースも時折あります。 結局の所 お互いが相手の立場を尊重して柔軟に対応する。自転車乗りなら歩行者に近づいたら最悪足ブレーキで止まれるスピードまで速度を落とすといった、人としての当たり前の配慮を粘り強く指導していくしかないと思います。(2014/11/28)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自転車と歩行者の衝突事故の大半は、携帯電話などに気を取られた前方不注意か、スピードの出し過ぎが原因ですよ。むしろ下手に車道を走って転倒。ブレーキが間に合わずに優良ドライバーが加害者になってしまうリスクを軽視していませんか。大変失礼ながら記者さんは雪国に住んだ経験がないのでは? 休日の間に大雪が降った日は除雪が間に合わず、歩行者さえ車道の隅を歩かざるを得ないケースも時折あります。 結局の所 お互いが相手の立場を尊重して柔軟に対応する。自転車乗りなら歩行者に近づいたら最悪足ブレーキで止まれるスピードまで速度を落とすといった、人としての当たり前の配慮を粘り強く指導していくしかないと思います。(2014/11/28)

自転車は車道が『原則』。原則論だけで危険な自転車vs歩行者という構図を作って煽る記事が多く疑問です。最近「原則」と言う単語が誇張されすぎています。車は『原則』ハイビームもそう。あれ以来迷惑な対向車が増えました。大部分の歩道には「自転車通行可」の標識があります。むしろ標識ありきで「自転車は歩道」の前提で設計されています。そして道路の改修もされないまま、この標識だけが撤去されています。もっと地方都市の現状を見てください。欧米のような理想を夢見ても、広い専用レーンを設ける余裕はありません。通勤通学ラッシュ時、前後に子供を乗せた女性などが肩幅にも満たない路側帯を恐る恐る走る横を、大型トラックが邪魔だとばかりにクラクション鳴らして次々ブチ抜いていく。すぐ横には自転車も通れるように広々としたかつての「自転車通行可の歩道」。自転車はどちらを通るべきですか。原則が実情に合っていないなら、その時代遅れの原則こそ見直すべきではないでしょうか。すっかり悪者扱いされ行き場の無い自転車ユーザーの立場に立ち、はるか遠い理想より、実情に即した検証と考察をしてほしいと思います。(2014/11/28)

なんで東京を自転車都市にするだけの話なんですかね。日本中津々浦々でもいいのにね。主旨には賛成です。(2014/11/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授