• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

苦悩する伝統的な家族経営

家族の不仲、経営理念の崩壊、資産運用の失敗…

2014年12月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、長期永続しているファミリービジネスが、他の事業体と比較してどのような特徴を有するのかという点について考えてみました。今回は、ファミリービジネスの多くにとって、事業を支えてきたこうした伝統的な特徴を守ることがいかに難しくなってきているのか、その実態と背景について考察していきたいと思います。

共同体としての家族の崩壊

 ファミリービジネスにとって重要なのは、家族が共同体としての意識を持ち、その絆を強固に保つための努力を継続することです。しかし、これがいかに難しいことであるかは、家族の不仲によって経営上行き詰まった多くの事例を見れば自明であり、誤解を恐れずにいえば、すべてのファミリービジネスにこうしたリスクは内包されているといっても過言ではありません。ファミリービジネスの場合には、社内に不仲を調停する機能や人を有することは極めて稀で、一度絆が崩れてしまうと修復することが大変困難です。

 ではなぜ不仲になってしまうのでしょうか。もちろん、家族と言っても人間同士ですから、相性が合わないというケースは多いでしょう。だからこそ、所有と経営をなるべく一体化した方がよいと主張するアドバイザーも日本には多いように思います。しかし、私自身は、本質的な問題はそこではないと考えています。

 何がしかの形で事業に関与するステークホールダーが家族内に複数いる場合に、争いの火種となる原因のほとんどはコミュニケーションの不足です。読者の皆様は驚かれるかもしれませんが、私がお会いしたファミリービジネスにおいて、一緒の会社で仕事をしていても親子同士の経営に関する会話が全くないので困っているとか、相手が何を考えているのか全く理解できないので本音を聞いてほしい、といったご相談を受けることは決して珍しいことではありません。

 むしろ親子だから聞きにくい、身内だからこそ率直に話ができないというのは極めて一般的なことです。本音で話し合えれば何とかなる問題も、疑心暗鬼が募り、最後に大喧嘩という形で爆発してしまう例は枚挙に暇がありません。

 昔は、家族で一緒に食卓を囲んだり、盆正月や冠婚葬祭には必ず参集するという習慣があり、人間関係もより密であったのかもしれませんが、核家族化や大都市への人口集中が急速に進行する中で、定期的に情報共有する場を確保することは大変難しくなっています。

 また、直接事業に関与していない配偶者(男女に拘わらず)が、「我が家だけは他の家族に比べて金銭面での待遇が不当に低い」といった疑念を抱き、これが火種となるケースも多いように思います。

コメント3件コメント/レビュー

(続き)結局ファミリービジネスの経営には大きく言って二つの方向しかないと思います。一つは、ファミリービジネスの存続を第一にする「お家大事」の方向です。自社株は全て優秀な後継者一人に持たせ、その他の子供は手切れ金として自社株以外の財産で我慢してもらう。もう一つは、例え能力に差はあっても子供は平等であるという理念の「ほのぼの友達家族」です。これは、経営から撤退し、事業を売却し、現金を子供で山分けにして事業主体としてのファミリーを解散する方法です。もちろん、サントリーのような偉大な例外はあるのでしょうが、複数の兄弟、従兄弟達のなかに、世代ごとに優秀な人物がいて次々経営をバトンタッチしていき、かつ、事業の基本理念を継承していけるというのは、あまりにも理想が高すぎると思います。(2014/12/03)

「日本を支える「ファミリービジネス」」のバックナンバー

一覧

「苦悩する伝統的な家族経営」の著者

大澤 真

大澤 真(おおさわ・まこと)

フィーモ代表取締役

1981年日本銀行入行。国際通貨基金出向、ロンドン事務所次長、金融市場局金融市場課長、那覇支店長などを経て2006年PwC入社。2012年フィーモ設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(続き)結局ファミリービジネスの経営には大きく言って二つの方向しかないと思います。一つは、ファミリービジネスの存続を第一にする「お家大事」の方向です。自社株は全て優秀な後継者一人に持たせ、その他の子供は手切れ金として自社株以外の財産で我慢してもらう。もう一つは、例え能力に差はあっても子供は平等であるという理念の「ほのぼの友達家族」です。これは、経営から撤退し、事業を売却し、現金を子供で山分けにして事業主体としてのファミリーを解散する方法です。もちろん、サントリーのような偉大な例外はあるのでしょうが、複数の兄弟、従兄弟達のなかに、世代ごとに優秀な人物がいて次々経営をバトンタッチしていき、かつ、事業の基本理念を継承していけるというのは、あまりにも理想が高すぎると思います。(2014/12/03)

「家族の不仲の原因の大半はコミュニケーション不足」とは随分表面的な見方ですね。なぜコミュニケーション不足になるのかまで考えが及ばないのでしょうね。例えば兄弟の確執について考えれば、親の跡取りへの幼児期からの偏愛、兄弟間の能力差が原因というケースが想像できます。そうすれば、あえて波風を立てないためにコミュニケーションしていない可能性もあります。皮相な道徳教育より旧約聖書のカインとアベルの方が人間の業を描いているのではないのでしょうか。一例として兄が有能で弟に経営能力が0だったケースをみましょう。兄弟仲は悪くはないが、弟は仕事については兄貴の言うことはどうしても聞けない、というケースがありました。兄貴の言うことを聞くと自分の無能さを認めることになるから、自分の自尊心を守るためにそうせざるを得ないのです。結局弟さんは袂を分かち、消滅の道を歩みました。開き直って家族のお荷物として生きるずうずうしさが無かったとも言えます。(2014/12/03)

ファミリービジネスの継続性の最大の障害は相続問題ではないか。いくらコミュニケーションが取れても経営能力や貢献度に関わらず均等に相続、たとえ所有と経営の分離を唱えてもパワーの分散に繋がる。「家督を譲る」ことが困難な現代において成功例を紹介して欲しい。(2014/12/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長