• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「とはいえ、女は……」で作られ続けるテレビ

2014年12月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

女性向け演説は票数につながらない?

 企業に対しては「女性管理職を30%まで引き上げてください」と申し出ていたにもかかわらず、今回の衆議院選挙の候補者1191名のうち、女性はわずか198人。なんと全体の16.6%にとどまったというのだから、政界は「まず隗より始めよ」という言葉をご存知ではないようだ。

 各党首の街頭演説は、票数につながらないという読みにより、女性政策には時間を割いていない。候補者や議席の一定割合を女性に割り当てる「クオータ制」の議論は高まりつつあったが、いざ、我が身を再び国政に、という段階で見事に霧散してしまった。経団連の会長は、女性登用の数値目標化を「実情に即していない」と断じており、景気回復を連呼する街頭演説から女性政策が影を潜めるのは必然なのだろう。

妊娠を「大きな損失」と関係者

 思わず目を疑ったが、女優の松たか子が妊娠を発表したことを受けて、「松たか子妊娠『最大の稼ぎ時に大きな損失』と関係者肩落とす」(NEWSポストセブン)というえげつない見出しを見かけた。「女性が活躍している社会」を渋々理解しても、「女性が活躍できる社会」を作ろうとはしていない人たちが数多いることを教えてくれる。

 記事には、放送関係者の談として「今こそ松さんは国民的スターになれる存在なのに、これでしばらくはハードな仕事は無理。我々としても大きな損失だし、本人も人生最大の稼ぎ時を逃すことになるのではないか」とのコメントが掲載されており、浅はかさが“ありのまま”に滲み出てしまっている。

コメント5件コメント/レビュー

全くもって見当違いの記事で笑ってしまった。中盤のテレビ番組の下品さには同感だが、冒頭の候補者に女性がすくないのは、なにが悪いわけではなく、単純に女性の立候補が少ないのが原因であり、女性蔑視でもなんでもない。嘆くべきは女性の政治意識の低さではないのか。終盤の紅白の若年層視聴率に関しても、今は時代が変わって娯楽が増え、テレビにかじりつくだけではないということもあるし、番組の幅が広がっていることもある。また、日本のミュージック界の低調具合も原因だろう。なんでもかんでも女性蔑視的な意見にもっていくこういう強引な論調こそ害悪ではないか(2014/12/09)

「ほんとはテレビ見てるくせに」のバックナンバー

一覧

「「とはいえ、女は……」で作られ続けるテレビ」の著者

武田 砂鉄

武田 砂鉄(たけだ・さてつ)

ライター/編集者

1982年生まれ。2014年9月、出版社勤務を経てフリーへ。ネット、雑誌で芸能人評や文化論、音楽、時事コラムを執筆中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全くもって見当違いの記事で笑ってしまった。中盤のテレビ番組の下品さには同感だが、冒頭の候補者に女性がすくないのは、なにが悪いわけではなく、単純に女性の立候補が少ないのが原因であり、女性蔑視でもなんでもない。嘆くべきは女性の政治意識の低さではないのか。終盤の紅白の若年層視聴率に関しても、今は時代が変わって娯楽が増え、テレビにかじりつくだけではないということもあるし、番組の幅が広がっていることもある。また、日本のミュージック界の低調具合も原因だろう。なんでもかんでも女性蔑視的な意見にもっていくこういう強引な論調こそ害悪ではないか(2014/12/09)

■「女はだし巻き卵も作れないのか」とせせら笑ったおっさんよ、あんたは作れるのか?(僕は作れるよーん) ■男は家事ができなくてもいいと思うのは、大きな時代遅れ。(迷亭寒月)(2014/12/09)

全く合意。(2014/12/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授