• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

アベノミクスと『赤字の民主主義』 「増税先送り論」の深層心理

レビュー

とても参考になった
 

0%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

今回の選挙結果は、増税の先送りに対する支持とはなるが、時期を区切ってもいるので、全くの増税反対と言うわけではない。また、民意の反映として選挙が重要であることは言を待たないが、それがすべてというのはおかしい。ポピュリズムとは一線を引いた、状況に応じた政策運営は重要だ。日経は法人減税がセットとなるはずであった消費増税の延期にえらくご不満のようだが、それはそれで財界という特定集団に限った利益誘導にも見える。同意見の経済学者の”思想”を喧伝するだけでなく、たとえば、せっかくの円安を活かせない企業経営者に苦言の一言もあるべきではないのか。(2014/12/22)

公務員年金と国民年金の給付額が10倍くらい違う現状で、増税か、社会保障削減かと言われましてもね…。まず、平等にしてみてもらいたいもの。公務員が国民様と同額の年金で我慢しても足りなかったら、増税しましょ。それなら、国民は文句を言わないと思いますよ。(2014/12/22)

とても勉強になり、そのような視点もあったのかと納得しました。少なくとも私には、今回の選挙の結果をわかりやすく読み解いていると思います。法人税の減税とは、企業を助けるのではなく、株主に還元するという意味もあるのですね。(2014/12/22)

先の大戦においては新型爆弾が投下されて初めて気付いた日本の為政者と国民。これから先も財政破綻などの衝撃的な事態が発生しないかぎり国民は覚醒しないでしょう。覚悟はできています。しかし先の大戦が終わっても官僚と政治家は一般庶民ほど困らなかったという不合理な事実があったので悲しいのです。(2014/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私は町村合併はまったく解決になるとは思っていない。

和田 知士 高知県大川村村長