• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

面白法人カヤックが上場した理由

2014年12月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本日12月25日に面白法人カヤックは東証マザーズに上場いたしました。
 すべての関係者の皆様に、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 誠にありがとうございます。

(なお、証券コードは「3904」となりました。社内的には語呂合わせとして「サンキューオモシロ」と呼んでいます。)

 今回は、面白法人カヤックが「上場した理由」について書いてみたいと思います。少し長いですが、どうぞお付き合いください。

起業家たるもの上場は意識するもの

 起業家という役割の人であれば、IPOの仕組みをよくわかってないとしても、漠然と目指す人は多いのではないでしょうか。例えば、プロ野球選手がメジャーリーグを目指すように、政治家であれば国政を目指す方が多いように。

 そういった意味では、僕にとってもIPOは起業家としてチャレンジしてみたいことの1つではありました。しかしながら、面白法人カヤック創業以来、IPOに対しては明確なスタンスをとってきませんでした。というのも、そういった個人のなんとなくの思いで選択する前に、面白法人という組織において本当にそれが良いことなのかと、選択に腹落ち感を持つべきだと考えていたからです。

 カヤックも創業から今年で17年目。IT企業としては老舗の部類です。「会社というものはどういう存在なのか?」「良い会社の定義とは何なのか?」そういったことを、時に失敗を重ねながら学んできました。そして特に、株式会社という形態を選択するのであれば、規模を拡大しながら継続し続ける過程で、様々な困難や矛盾と対峙することで、組織としても経営者としても、中にいる社員としても成長をすることができる。また、利益を出していくことで社会に貢献できる。いや、社会に貢献した結果こそが利益である。それが株式会社というものの法則なのだという思いも深まるようになりました。

 また、「株式会社であるカヤックという会社のミッションは何なのか?」「そしてそのミッションをどうやって達成していくのか」そういったことを考えていく過程で、永続性あるパブリックな存在にしていこうという思いも強くなりました。

 ちなみにこの連載でも、そういった日々の営みを通して考えたこと、悩んだことをよく取り上げさせていただきました。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「面白法人カヤックが上場した理由」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック