• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ネグロポンテさんの“既に行ってきた未来”

人工知能ブーム再燃の真実(その1)

2015年1月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新年明けましておめでとうございます。

 新聞、雑誌の新年号は伝統的に、溜めておいた中から明るい話題を拾って新年の目玉記事にしたりするものですが、今年はそうでもなかったようです。その解釈はともかく、本記事は年が明けてから書いていますので、後出しジャンケンと言われぬようということもあり、10年、30年、さらにもっと先の未来まで視野に入れて人工知能の産業応用、生活への浸透をテーマに展望してみたいと思います。

 「ビッグデータが支える、25年ぶりの人工知能ブーム ~ロボット、自動通訳、IBMの『次の柱』もビッグデータの賜物」で書いた「ブームの到来」は早計に過ぎないか? また、なぜ今、人工知能なのか? 四半世紀前と違ってなぜ今回はうまくいきそうなのか? これらの疑問にある程度答えておかないと、歴史や貴重な知識体系から学ばず、同じ失敗を繰り返す危険が無きにしもあらずだからであります。

未来を読むためには温故知新が重要

 私が米マサチューセッツ工科大学(MIT)人工知能研究所(通称“AIラボ”)に研究員としてお世話になった1993~94年から20年が経ちました。MITのメディアラボにも1、2度表敬訪問しましたが、当時のニコラス・ネグロポンテ所長は私に対し、“Right Institution, but wrong Laboratory!”と言って、同じMITというニアミスなのになぜうちの研究所(メディアラボ)に来なかったのだ?と笑いました。

 そのネグロポンテ所長の言葉に対しては、「日本語や英語などの言語の研究は奥深く、シンプルな少数の手法だけではなかなか翻訳や検索などの実用システムは作れないので、デモ作り至上主義のメディアラボでは首になっちゃいますよ!」とおどけて答えたものです(当時のメディアラボは、“Demo or Death”というほど全研究員に対してデモ作りを重視しており、理論や分析は実際、後回しというスタンスの研究者が多かった気がします)。

 AIラボでは理論的ブレークスルーを目指し、言語について、今でいうビッグデータを構造化し、分析し、その妥当性を複数の認知科学的な手法で評価する仕事に、年間363日は没頭したものです(残りの2日は、フリーウェイを300km飛ばしてタングルウッド音楽祭に出向いたのと、日本からの客人への応対に費やしました)。

 ネグロポンテ教授は、昨年のTEDトーク (邦訳「スーパープレゼンテーション」でNHKが放映) の中で、過去30年間、およそ隔年で彼の話した内容を振り返り、“I have actually been to the future!(かつて私は実際に未来に行ったものだ)”と断言しました。それくらい当時から未来を先取りして、様々な21世紀のシステムやソフトウエアを試作し、動かして見せたということですね。

 『Being Digital』(物質=Atomより情報=Bitが経済社会の主役となる)という彼の「預言書」には20年後、30年後の生活様式、例えば電子端末を指でこすって新聞や雑誌を読むようになる、などと書かれ、「そんなことは絶対にありえない!」とジャーナリストに猛攻撃をくらったことを勲章のように感じる、と語っていました。グーグル・ストリートビューの撮影にそっくりなことをグーグルより20年以上前にやっていたビデオ映像など、先見の明の証明としてなかなか説得力がありました。

コメント1

「Dr.ノムランのビッグデータ活用のサイエンス」のバックナンバー

一覧

「ネグロポンテさんの“既に行ってきた未来”」の著者

野村 直之

野村 直之(のむら・なおゆき)

メタデータ株式会社社長

NEC、MIT人工知能研究所、ジャストシステム等を経てメタデータを創業。ビッグデータ分析、ソーシャル活用、機微情報の匿名化ソリューションなどを提供中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏