• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フィレオフィッシュでマクドナルドを蘇らせる方策

欧米などで広がる「海のエコラベル」

2015年1月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年から2013年にかけて品薄、価格高騰が続いたウナギ。最近のスーパーマーケットの店頭を見ると、ようやく日本にウナギが戻りつつあるようだ。そもそも品薄の元凶は養殖に使う稚魚シラスウナギを捕りすぎたゆえのことだった。当然のことだが海洋資源は自然回復力を超えて獲れば減少してゆき、一方でルールや節度を守って捕りさえすれば、海産物が枯渇する危険性は低い。

海のエコラベル

 さて、この「海のエコラベル」をご存知だろうか。

 「海のエコラベル」は、自然環境や水産資源を守って捕られたシーフードに与えられる国際的な認証エコラベル(MSC認証=海洋管理協議会の認証)だ。

 MSC認証は漁期や、漁獲量、大きさなどのルールを守って捕られたシーフードに限って売買できる仕組みで、限りある海の資源を守っていこうとする国際的枠組みである。流通段階では食品パッケージなどに認証ラベルが貼られているので、消費者はMSC認証が付いた商品かどうかを見極めることができる。

 MSC認証は2013年9月末時点で、全世界の天然魚の約12%をカバーし、製品数では2万1000品目以上が対象になっている。MSC認証は生産者から流通関係者、そして消費者までが一体となって、海を守るための取り組みと言える。

 ところが日本では、MSC認証があまり浸透していない。MSC認証を取得した生産者は北海道や京都の漁連などごく一部。小売業ではイオンや生協がラベルの付いた商品の販売に力を入れているくらいで、広がりは見せていない。特に、飲食店のMSC認証取得は、日本ではほとんど見られない。

 日本は四方を海に囲まれた「シーフード国家」であるが、海の保護に関しては後進国だと言わざるを得ない。中国漁船による小笠原諸島沖のサンゴ密漁への日本政府の対応は早かったが、「魚」に関しては鈍感なのだ。

フィレオフィッシュではタラを大量に使用

日本のフィレオフィッシュ

 特にファストフードやファミリーレストランなど、大量のシーフードを提供する飲食業は、海に対する意識改革が求められる。

 例えば、マクドナルドで提供されるフィレオフィッシュもそうだ。

コメント14件コメント/レビュー

マクドナルド再建には少しも興味は無いが、海洋の資源枯渇に危機感を持っているので、まあいい記事だったマクドナルドに触れる意味はないと感じる(2015/01/22)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「フィレオフィッシュでマクドナルドを蘇らせる方策」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

マクドナルド再建には少しも興味は無いが、海洋の資源枯渇に危機感を持っているので、まあいい記事だったマクドナルドに触れる意味はないと感じる(2015/01/22)

フィレオフィッシュの方がハンバーガーよりカロリーが高い理由は、付け合せのソースにタルタルソースを使用しているからです。チーズも一役買ってますね。海外では、フィレオフィッシュのタルタルソース抜きというカスタムオーダーが流行ってますよ。ちなみに、日本のマクドナルドでも、希望すれば抜いてくれます。(2015/01/22)

他のコメントにもあるが、高カロリーな牛肉を使ったハンバーガーの方が、ヘルシーな魚肉を使ったフィレオフィッシュよりも、カロリーが高いとはこれ如何に。水産資源の保護は大事であるが、マクドナルドの業績回復には寄与しないだろう。そもそも水産資源の保護を重要視しておきながら、毎日毎日食品廃棄していく。マクドナルドだけではないが、欺瞞としか言いようがない。日本は遅れていると言うが、果たしてそうか。MSC認証を金科玉条のように掲げることが正しいのか。日本独自の取組み等は全く無いのか。遅れているという理由が全く記述されておらず、ただの記者の印象としか思えない。それに、異物混入に関しては、メディアが騒ぎすぎ。マクドナルドに限らず、異物混入など100%防ぎきることは不可能。どこのメーカーも100%に近づけるべく、大きなコストと努力を払っている。マクドナルドの異物混入率が食品メーカーのレベルとして高すぎるのだろうか。中国でのチキン問題と同列にはできない。叩けるところを叩くだけの記事には、良識も品性も何も感じない。(2015/01/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授