• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

STAPと特ダネの共通点

捏造を見抜き排除する力がメディアにあるか

2015年1月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「残存資料を調べた限りでは、STAP細胞はすべて既存のES細胞(胚性幹細胞)に由来することが分かった」

 理化学研究所の調査委員会は2014年12月26日、STAP細胞の存在を否定する報告書を発表した。理研はその直前、小保方晴子元研究員も参加した検証実験でSTAP現象を再現できなかったことを明らかにしており、世界中が関心を寄せていた騒動は1年で幕引きとなった。

 だが、真相はいまだ「藪の中」だ。報告書では、小保方氏が所属していた研究室に残っていた細胞の遺伝子が、ES細胞と99%以上一致した事実を指摘。調査委員長の桂勲・国立遺伝学研究所所長は同日開かれた記者会見でこの点を踏まえ、「STAP細胞が無かったというのは科学的にほぼ断定していい」と結論付けた。ただ、誰がどういった経緯でES細胞を混入させたのかという騒動の背景については最後まで解明できなかった。

 桂委員長は「科学者としてはたまたま混じるかなあ、という感想は持っている」と述べ、過失によって偶然にES細胞が混入し、STAP細胞として発表された可能性は低いとの考えを示した。STAP細胞は実験期間中、研究室の奥にある培養室の中に保管されていたが、培養室のカギは常時、ドアの近くに置かれており、夜間なら人目につかずに出入りできる。小保方氏は調査委の聞き取り調査に対し、「私は絶対に混入させていません」と答え、小保方氏以外の関係者も全員が混入を否定。目撃証言はなく、指紋採取などの方法で直接的な証拠を集めることもできないため、これ以上の調査続行を断念した格好だ。

「STAP細胞はあります」との小保方氏の訴えは否定された(撮影:菅野勝男)

 「リケジョの星」「iPS細胞より簡単に作れる」。

 2014年1月、STAP細胞の成果に関する記者会見を受け、マスメディアは「世紀の大発見」として大々的に取り上げた。研究内容よりむしろ、当時30歳の若さで研究を主導した小保方氏自身に焦点を当てる報道が目立った。だがその後、インターネット上で論文に関する疑義が提起されると、トーンは一転。大手メディアもこぞって不正を追及する記事を書き始め、理研による調査委設置へとつながった。

コメント7件コメント/レビュー

この騒動はやりきれない騒動でした。共通点としてはその通りと思われますが、問題点としてみた場合、もっと別の見方をしないと今後の行く末が知れます。研究者は疑わしい論文を出せば、どこかで必ずばれます。(研究を実用化する段階で)報道は、嘘を飛ばしっぱなしでもばれません。(大衆はイメージで対象を葬ります。)そこはしようがないのですが、本来の報道としての公平性がなくなっているのが問題と思います。大衆迎合のない、冷静でどちらにも影響されない報道です。(不可能に近いですが)このままでは、日本の未来が危ないです。(2015/01/23)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「STAPと特ダネの共通点」の著者

林 英樹

林 英樹(はやし・えいき)

日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この騒動はやりきれない騒動でした。共通点としてはその通りと思われますが、問題点としてみた場合、もっと別の見方をしないと今後の行く末が知れます。研究者は疑わしい論文を出せば、どこかで必ずばれます。(研究を実用化する段階で)報道は、嘘を飛ばしっぱなしでもばれません。(大衆はイメージで対象を葬ります。)そこはしようがないのですが、本来の報道としての公平性がなくなっているのが問題と思います。大衆迎合のない、冷静でどちらにも影響されない報道です。(不可能に近いですが)このままでは、日本の未来が危ないです。(2015/01/23)

 権威あると思われているNatureに掲載されたとなれば,それだけ信憑性のある結果と判断するのが常識でしょう.それをそもそも素人のマスコミがそのまま鵜呑みにするのはヤムを得ない.科学論文の信憑性を判定できるのは通常の場合,専門家だけです.マスコミの一記者がやれると思うことの方が問題です.それは傲慢です.そういう意味では,TV番組などでキャスターやコメンテーターが政治について無責任な言辞を吐くのを観ると不愉快になる.捏造記事というなら,◯日新聞という御立派な例がある.もっともこの新聞社の場合は,傲慢というより工作活動と看做すべきだろう.(2015/01/23)

STAPと特ダネを、ベースが共通しているとの認識で論じられているところに大いなる意義があると思います。しかし、せっかく鋭い視点を注がれるのであれば、これを具体的に朝日の誤報・捏造事件とからましてほしかったですね。結果的に、STAPも朝日も、捏造であったとすれば、国家・社会・日本人への「極めて重大な犯罪」というべきものではないでしょうか。わたしたちは、もう少し「公」の意識をもつように反省すべきであるし、メディアは厳しくそうでなければならないと思うものです。(2015/01/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問