• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国が認識する“米日印三国同盟”

オバマ大統領の訪印を見る中国の目

2015年1月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年は日本の安倍晋三首相。今年は米国のバラク・オバマ大統領。

 1月26日、インドは共和国記念日を祝うべく、首都・ニューデリーで軍事パレードを開催した。ゲストに招かれたのは、2年続けて“同盟国”であった。インド外務省は「軍事パレードにお招きするのは、我が国と親しく、かつ重要なパートナーである」と説明している。

 専用機でニューデリーの空港に到着したオバマ大統領を、ナレンドラ・モディ首相が滑走路で出迎え、2人は抱擁した。間柄が良好であることを何者かに見せびらかしているように筆者には見えた。両首脳は共同会見後にも温かい抱擁を交わした。米CNNによれば、「ミッシェル夫人が嫉妬するのでは」というツイートまで流れたという。

 オバマ大統領は、インドとの関係において、2つの“米国史上初”を演出した。

 1つは、米国の大統領として初めて、インド共和国記念日に開催される軍事パレードに招かれ、出席したこと。もう1つは、米国の大統領として初めて、任期内に2回インドを訪問したことだ(過去における米大統領の訪印は、アイゼンハワー大統領・1959年、ニクソン大統領・1969年、カーター大統領・1978年、クリントン大統領・2000年、ブッシュ大統領・2006年、そしてオバマ大統領・2010年)

 軍事パレードに先立って行われた米印首脳会談において、両首脳は、原子力エネルギー、再生可能エネルギー、テロリズム、防衛、気候変動といった分野で協力を強化していくことで合意した。また、オバマ大統領は約40億ドルに及ぶ対インド貿易・投資につながる一連の措置を実施する旨をモディ首相に伝えた。

 モディ首相とオバマ大統領は、首脳会談や軍事パレードで時間を共にするだけでなく、紅茶を口にしながら雑談をするなど、相互理解と信頼関係の一層の構築に余念がないように見えた。

 両首脳が随所で抱擁し合うほど仲が良いように見える理由として、以下の3つが挙げられる。(1)英語で直接コミュニケーションが取れること(実際、2人がお茶を飲みながら雑談をしていた時に通訳は同席していなかった)、(3)そもそも米印が民主主義という価値観を共有していること、(3)両首脳とも、自国経済の再建を目標に掲げており、かつ、それを推進する姿勢がビジネスライク(実利的)であること。

 今回のオバマ大統領訪印、そして軍事パレード出席に際して、最も注目されたのは、米ウォール・ストリート・ジャーナル紙のゴードン・フェアクロー記者が“中国に対するメッセージだ”と題する記事で「ますます強硬になる中国がアジアのパワーバランスを変えつつある情勢下において、世界の2大民主主義国家である米国とインドがその関係を強化する」と表現した戦略的、かつ地政学的な側面であった。

 不透明かつ膨張的に台頭する中国とのパワーバランスを保つ意味でも、米国はインド経済が発展し、地域における影響力や発言権を向上させることを望んでいる。2013年3月11日、トム・ドニロン国家安全保障問題担当大統領補佐官(当時)は“2013年の米国とアジア・太平洋”と題した講演の中で、「大統領は世界最大の民主主義国家であるインドとの関係を“21世紀を定義づけるパートナーシップになる”と認識している。2009年のシン首相の訪米から2010年のオバマ大統領の訪印を通じて、我々はインドの台頭を受け入れるだけでなく、それをしっかりとサポートしなければならないという明確な認識を持つに至っている」と述べている。(リンク

コメント0

「米中新時代と日本の針路」のバックナンバー

一覧

「中国が認識する“米日印三国同盟”」の著者

加藤 嘉一

加藤 嘉一(かとう・よしかず)

国際コラムニスト

現在米ハーバード大学アジアセンターフェロー。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。中国版ツイッター(新浪微博)のフォロワー数は150万以上。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官