• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

長期的成長と整合するのはむしろ円高

改めて日本経済の課題を考える(5)

2015年2月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここまで当面の日本経済が直面している政策課題について論じてきた。最後に成長戦略について述べよう。

 ある意味、成長戦略ほど重要な政策はない。成長は、間違いなくほとんどあらゆる問題を解決するか、解決しないまでも解決を助けるからである。この点は既に、本連載「経済成長は七難を隠す」(2012年4月25日)で述べた通りである。この時は、成長すれば「所得が増える」「雇用機会が増える」「国民の生活水準が上がる」「将来のための投資が増える」「構造改革が円滑に進む」「社会的な摩擦が小さくなる」「財政再建がやりやすくなる」などいいことずくめだということを示した。

 その意味で、2012年11月のアベノミクスのスタート以来、安倍政権が成長重視の姿勢を貫いていることは全く正しいことである。その経済成長をもたらそうとするのが成長戦略なのだから、その重要性は明らかだ。

 成長戦略については、多くの経済学者は次のように言う。金融政策や財政出動は長期的な成長政策ではない。それは「時間を稼ぐ」政策であり、財政金融政策で時間を稼いでいる間に、成長戦略を実行すべきだ。成長の主役は民間の企業や働く人たちであり、企業が活動しやすい経済環境を整え、人的資源の質を高めていくことが成長戦略の基本となるべきだ。そのために必要なのが、いわゆる岩盤規制(農業、医療、雇用など、既得権益層からの抵抗が特に激しい分野の規制)の見直しだ。安倍政権は、今回の総選挙で得られた政治資源を、この困難な政策課題の実現のために振り向けるべきだ。

 私もこうした考えに賛成である。しかし、同じことを本稿で述べても意味がないので、以下では、経済成長・成長戦略に関して、私が気が付いた(または気になる)いくつかの点について述べてみたい。

第3の矢「成長戦略」は、第1、第2の矢と性格が異なる

 アベノミクスは3本の矢から成っていることは誰もが知っている。第1の矢が「金融緩和」、第2の矢が「財政出動」、第3の矢が「成長戦略」である。この成長戦略は、金融緩和や財政出動とかなり性格を異にすることに注意する必要がある。それは次のような点だ。

 第1に、金融政策、財政支出は基本的には「需要を作り出す政策」だが、成長戦略は「供給力を高める政策」だということである。金融緩和は、金利を下げて投資を促進しようとし、デフレマインドを払拭して物価・賃金が上がりやすくなることを狙っている。いずれも企業、家計の支出(需要)を増やすのが狙いだ。

 これに対して成長戦略は、企業・産業活動が活発化し人的資源が充実するような環境を整え、財貨・サービスをより効率的に生み出していくことを狙ったものだ。

 経済全体の需給ギャップが大きく、供給が需要を超過している時には、需要拡大策が必要であり、2012から13年はまさにそういう状況だった。しかし、2014年に入って需給ギャップはかなり縮小し、部分的には供給が逼迫している。例えば、人手不足状態になったことは、労働面で供給制約に直面していることを示している。

 すると、これから求められるのは需要拡大ではなく、供給力の向上だということになる。簡単に言うと、第1、第2の矢はもう手じまいして、第3の矢、成長戦略だけに集中すべき局面になりつつある。

コメント5

「小峰隆夫の日本経済に明日はあるのか」のバックナンバー

一覧

「長期的成長と整合するのはむしろ円高」の著者

小峰 隆夫

小峰 隆夫(こみね・たかお)

法政大学大学院政策創造研究科教授

日本経済研究センター理事・研究顧問。1947年生まれ。69年東京大学経済学部卒業、同年経済企画庁入庁。2003年から同大学に移り、08年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トヨタ生産システムでは問題が出て当たり前なんですよ。

友山 茂樹 トヨタ自動車専務役員