• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ゲームはスポーツだ」

急成長米ベンチャーの人材採用術

2015年2月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

韓国ソウルのワールドカップスタジアムで開催された「リーグ・オブ・レジェンド」の世界大会の様子

 「エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)」という言葉をご存じだろうか。電気自動車のレースでも、ウエアラブル機器を活用したスポーツでもない。パソコン(PC)などを使ったゲームを、「娯楽」ではなく「スポーツ」や「競技」としてとらえるものだ。

 日本ではなじみが薄いが、米国や中国、韓国などを中心に世界中で浸透しつつある。プロのプレーヤーも存在し、米国では入国時にプロスポーツ選手としてのビザが支給されることもある。

 その代表例が、「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」。2006年に米国で設立された、ライアットゲームズが手掛けるPCを使ったオンラインゲームだ。5人一組の2チームで争い、相手の陣地を先に押さえれば勝利となる。

 サービスの開始は2009年。コア・ユーザーを中心に熱狂的な支持を集め、着実にユーザー数を増やしている。ライアットゲームズによると、2013年に月間のアクティブ・ユーザー数は6700万人、ピーク時間帯の同時接続数は750万人を超えたという。

NBAファイナル並みの人気

 リーグ・オブ・レジェンドは、北米、東欧、西欧、中国、韓国などでプロリーグが存在。昨年10月には、韓国ソウルにあるワールドカップスタジアムでプロリーグの世界大会の決勝戦が開催され、数万人の来場者が押し寄せた。 

 各地域のリーグ戦を勝ち抜いた上位2チームが対戦。優勝したのは「サムスンホワイツ」。その名の通り、韓国サムスン電子がスポンサーのプロチームだ。大会の模様は全世界に中継され、約2700万人が視聴したという。

 この視聴者数は、米プロバスケットボールリーグの「NBAファイナル」の視聴者数に匹敵する。「ゲームはスポーツなのか」という結論は出せないものの、大規模なビジネスに成長していることは間違いないだろう。

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「「ゲームはスポーツだ」」の著者

佐伯 真也

佐伯 真也(さえき・しんや)

日経ビジネス記者

家電メーカーで約4年間勤務後、2007年6月に日経BP社に入社。日経エレクトロニクス、日経ビジネス編集部を経て、15年4月から日本経済新聞社証券部へ出向。17年4月に日経ビジネス編集部に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員