• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

地方創生、「主役は地域」の甘くない未来図

政府の本音は「脱・横並び」

2015年2月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先月、安倍晋三首相の参謀役、菅義偉官房長官にじっくり話を聞く機会があった。特に印象深かったのが、今年の最重要課題に「地方創生」を挙げたうえで語った次の言葉だった。

 「何といっても1番のカギは地元の方々が自ら立ち上がることです

 これを聞いて思い出したのが安倍首相が今年の年頭会見で地方創生について語った次のフレーズだ。「重要なことは地方が自ら考え、行動し、変革を起こしていくことです」。

 「地方創生元年」と称される今年。地方の自治体や住民からは「国はやっとこっちを向いてくれた」「少しはうちの地域の景気も良くなるかも」と期待の声が聞かれる。

 「主役は地域」と強調する政権首脳。そのメッセージを地方はどう受け止めればいいのだろうか。

「地方」が最重要課題に浮上したワケ

 「地方」問題が爆発的な関心を呼ぶきっかけとなったのが民間の日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)が2014年5月上旬に発表した報告。人口減で2040年に全国の半分の市区町村が消滅する可能性があるとする、いわゆる「増田ショック」がそれだ。

 それから時をおかず、政府の経済財政諮問会議の下に設置された有識者会議「選択する未来」が、50年後に1億人の人口を維持する目標を掲げ、政策を総動員すべきとの報告を提示。これを受け、人口減対応と地域の活性化が、同年6月の政府の「骨太方針」や成長戦略改訂版の目玉施策の1つに盛り込まれた。

 その後、第2次安倍改造内閣の発足を機に石破茂氏が地方創生相に就任。政権を挙げての取り組みが一気に加速したのだ。

 「ローカル・アベノミクスというキャッチフレーズも分かりやすい。早期の解散総選挙や2015年4月の統一地方選を見据え、地方重視のメッセージを発する狙いがあった」。安倍首相に近い自民党議員はこう証言する。

 円安による物価やコストの上昇が地域経済や中小企業にマイナスの影響を及ぼしているとの批判が日増しに高まっていた事情もあった。

 このように、地方創生を巡る論議が急ピッチで進んだのは、アベノミクスの負の側面への対応と選挙対策という要素が大きかったのは間違いない。

コメント8件コメント/レビュー

"覚悟と行動"でしかないのは確か。NHKクローズアップ現代でも取り上げられ、FBでも議論されたが、移住促進に成功した自治体では、「公務員の給与をカットして費用を捻出した」と、「どんだけ取っていたの」と言いたくなる。国が公務員が痛みを分かち合う【覚悟】がなければ、何も始まらない。まずは、「継続的な費用の捻出」という【行動】からから取り掛かるべきだ。先の人も書いていたが、地方に行けば退職者の年金生活も楽にできるし、人が増えれば需要が経済の活性化にもなる。企業の一部が移転したって単身赴任や別荘感覚では始まらない、継続が前提でなければ。(2015/02/19)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「地方創生、「主役は地域」の甘くない未来図」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

"覚悟と行動"でしかないのは確か。NHKクローズアップ現代でも取り上げられ、FBでも議論されたが、移住促進に成功した自治体では、「公務員の給与をカットして費用を捻出した」と、「どんだけ取っていたの」と言いたくなる。国が公務員が痛みを分かち合う【覚悟】がなければ、何も始まらない。まずは、「継続的な費用の捻出」という【行動】からから取り掛かるべきだ。先の人も書いていたが、地方に行けば退職者の年金生活も楽にできるし、人が増えれば需要が経済の活性化にもなる。企業の一部が移転したって単身赴任や別荘感覚では始まらない、継続が前提でなければ。(2015/02/19)

大体、100兆ものお金を管理できているはずがない。エクセル上の世界。(2015/02/19)

東京方面の都市部出身、身一つで地方に移り住んでいろいろな地域リーダーを継続していますが、すべては人です。ヒト・モノ・カネではなく、ヒト・ヒト・ヒト。 こういっては何ですが、とにかくリーダー役が少ない。というか、居ない。そういう立場にありながら敬遠する。あるいは、リーダーは役であるのに、まるごとオレ様になってしまう。追随者はそれなりに居りますが、一般の仕事人の平均レベルが明らかに低く、かつ顔も見えない。行政側のシステムは意外とありますが、それを活用できる人材が少ない。活用され、かつ内容に富んだコミュニティが極端に少ない(名ばかりNPOの多いこと)。場は必要ですが、カネはたいして必要ではありません。 で、いろいろやって一つの結論。 本当に地方創生って必要ですか? もっと言えば、『地方は創生を本気で望んでいるのか』。もっと突き詰めれば・・・『現役の地域住民がそれを望んでいるように感じられない』。 マイルドヤンキーの語があるように、低収入でも幸せだったりします。正規の仕事が無くても、住むところに不自由せず何のなく暮らせます。やる気のある人は、勉強すれば外に出られます。ミドル・高齢者世代も普通に暮らせています。 地方経済や地域活性化と住民の気持ちはイコールのようでちょっと違う。そもそも活発な地元を知らなければ、いまひとつの環境でも満足している市民が多いのも事実です。(2015/02/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員