• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ブラジルで見た「医療難民」のリアル

平等政策が生んだ弊害

2015年2月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 火曜日の午前8時過ぎ。ブラジル・サンパウロ市の中心部に位置するサンパウロ大学医学部附属クリニック中央病院で、早朝にもかかわらず、続々と患者が詰めかける異様な光景を目にした。

 2014年のサッカーワールドカップ、2016年の五輪と、一大イベントに挟まれた今年。何台も連なる大型トラックが渋滞を作り、ヘルメット姿の労働者が歩道を闊歩するなど、市内の至る所で建築ラッシュに沸いていた。

 だが病院内だけは、そんな活気に溢れる市街地とはまったく異なる、陰気な雰囲気に包まれていた。

 廊下に並べられたソファだけでは足りず、大半の患者は地べたに座りながら順番を待つ。診察室から医師が姿を現せば、彼らは瞬時に顔を上げ、自分の番ではないことが分かると、すぐに目を落とす。廊下を歩くのが難しいほどにひしめき合っているが、患者たちはこの状態に慣れっこのようで、本を読んだり、目を閉じてうつらうつらしたりしながら時間を過ごしている。

 「今の時点で3時間待ちぐらいかな。今日が特別という訳ではない。いつもこんな感じです」。院内を案内してくれた、胃腸科専門医のデシオ・シンゾン医師はこう話す。3時間待って診察室に入れればまだいいが、1日中待たされた挙げ句、翌日以降の診察に回されることもしばしば。たとえ診察を受けられたとしても、次の診察の予約が3~6か月後にしか入れることができず、しかも、再び長蛇の列に並ばなければならない。千葉県の「夢の国」もびっくりの現実が、ブラジルでは日常風景になっている。

サンパウロ大学医学部附属クリニック中央病院の入り口。早朝から多くの患者が門をくぐって行く

 なぜこのような悲惨な状況が生まれたのか――。

 ブラジルは1988年に制定した新憲法で「健康であることは万人の権利」との文言を明記。その理念を具現化するために、1990年に「統一保健医療システム(SUS)」を整備した。

患者増に耐え切れない病院

 以前は、労働手帳を持つ大手企業のサラリーマンだけを公的医療の対象に限定していた。それがSUSの誕生で、誰もが無償で公的医療サービスを受けられるように改められた。一見すると、大幅な環境改善につながったように見える。

 だが、現実はそうならなかった。受け皿となるべき病院側の体制が整っていないからだ。

 医療経済研究機構の調査では、ブラジルの人口1万人当たりの病床数は2010年時点で24.2床。1995年の32.9床と比べ大幅に減少しており、日本の6分の1程度の水準にとどまる。ただでさえ病床数が少ない上に、約2億人の人口のうち半分近くが無償のSUSを活用し、病院に駆け込むようになったため、患者数が急増。たちまち病院はパンク状態に陥ったのだ。

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ブラジルで見た「医療難民」のリアル」の著者

林 英樹

林 英樹(はやし・えいき)

日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト