• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

タイタニックから逃げられない男たち

「男性は強者である」という神話

2015年3月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 女性差別という言葉は誰しも聞いたことがあるだろう。「女性差別がある」ということも、誰も否定しないはずだ。女性が社会や人生において、性別を理由に不利益を被ることは既に糾弾されてきたし、これからもされていくだろう。では男性が、男性という性別において不利益を被るということはあるのだろうか?

 日本において「男性差別」という言葉は取るに足らない冗談か、女性差別の是正のためのわずかなコスト、といった言説に吸収され、あまり考察や指摘はされてこなかった。

 「男性差別は存在するか」という問いに対して、おそらく保守派、フェミニズム、そしてその大元の流れを組む社会学(人類学含む)の答えはノーである。なぜならこれらの思想はどれも、過去現在含めて「男性の方が強く権力があり、女性は権力がない弱者」と見ているからである。しかし実際に検証していけば男性差別というものは存在する。ただ見えなくなっているだけである。このコラムではそれを可視化し、その構造や経緯を描き出すことで、男性も女性もよりよく生きるための課題を明らかにしていきたい。

女性=マイノリティなのか?

 男性差別を可視化するには、まず「男性=強者、女性=弱者・マイノリティ」という構図が「神話」であるということを解明しなくてはならない。

 様々な差別・被差別の構造において、「強者」と「弱者」の関係が常に存在している。例えば 白人/黒人、日本人(自国民、多数派民族)/在日外国人、多数派宗教/少数派宗教(アメリカならイスラム教などが該当)、健常者/障害者、異性愛者/セクシャルマイノリティなどである。

 後者はマイノリティであり、多くの場合、人数が少なく力(権力)が弱い。様々な状態で弱者であるため、それをフォローする法律制定やアファーマティブ・アクションなどにより弱さの部分を埋め合わせ、皆が平等な社会にしていこうというのが、リベラルや社会学(人文系学問はほぼすべてリベラルの流れを汲む)の考え方である。つまり、弱者をフォローすることにより平等を実現するという考え方だ。この流れの中にジェンダーの思想があり、そしてジェンダーは男性と女性において女性を弱者としている。

 では、果たして女性は、黒人や在日外国人、少数民族、被差別部落出身者などと同等のマイノリティであろうか。そもそも、本来の意味である「人数の少なさ」においては当てはまらない(人数の多さはそれだけで権力に結びつきやすい)。

コメント23

「見えない男性差別 ~生きづらさの理由」のバックナンバー

一覧

「タイタニックから逃げられない男たち」の著者

久米 泰介

久米 泰介(くめ・たいすけ)

翻訳家

1986年、愛知県生まれ。関西大学社会学部卒、ウィスコンシンスタウト大学人間発達家族学MS(修士)取得。専門は社会心理学、男性のジェンダー、父親の育児。翻訳書にワレン・ファレル著『男性権力の神話』

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長