• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

銀イオンの「におい消し」、ケニアを目指す

「敗軍の将」の夢を叶えた元社員たち

2015年3月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大阪府箕面市にある焼き肉店。昭和の雰囲気を再現した店内には一風変わった装置がある。高さ約1メートルのロボットのようなデザインの装置。装置の上部に取り付けられた左右2つの目玉のように見える吹き出し口からは、勢いよく霧が出ている。

 一方、その装置の目の前では、来店客が炭火でどんどん肉や野菜を焼き、煙がもうもうと立ち上っている。

焼き肉店に置かれた銀イオン水の噴霧装置(写真右下)

 実はこの装置、焼き肉のにおいを消す装置だ。消臭に効果があるとされる銀イオン水を霧状にして店内に広く散布し、髪や服に焼き肉のにおいがつかないようにしている。実際にここで食べて店を出ても、確かににおいは気にならないレベル。換気扇はあるものの通常ならかなり体ににおいが残るものだが、それがない。

 装置から離れていたり、炭に肉の脂が落ちて激しく煙が上がったりするとどうしてもにおいがついてしまう。だが帰り際、装置の吹き出し口から出る霧に直接当たれば、においはかなり軽減する。

消臭、除菌効果がある銀イオンに着目

長年、燃焼合成を研究してきた大阪産業大学の山田修教授。銀イオンを発生させるペレットの開発に成功した。大学発ベンチャー、オーエスユーを立ち上げペレットの開発を進める

 この「フォグロボ」と呼ぶ装置を開発、販売するのは箕面市のベンチャー、OneWorld(ワンワールド)だ。製品名通り霧を発生させるロボットのようなデザインの装置の中で、銀イオン水を生成するのに使われているのが「マナチュラ」という製品名の直径1.5センチの小さなセラミックスのペレット。大阪産業大学工学部の山田修教授が開発したもので、燃焼合成技術を使って作成したものだ。炭素とチタンを燃焼合成させる過程で純銀を加え、銀が分散したセラミックスを作る。これを水道水など普通の水に入れると銀イオンを発生する。

 山田教授は「銀から発生する銀イオンには消臭や除菌の効果があることが分かっている。問題はその発生方法。水に純銀の塊を加えただけでは効果を出すのに十分な銀イオン濃度がでない。そこで電気を使って銀イオンを発生させる『電気分解法』と、銀イオン成分を含む硝酸銀などの化学薬品を水に添加する『薬剤法』の2種がある」と説明する。

コメント0

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「銀イオンの「におい消し」、ケニアを目指す」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長