• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

貯まりに貯まった「タンス預金」36兆円は、一体どうなるのか?

2015年3月31日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 振り込め詐欺に関するテレビのニュースを見ていて気付いたのだが、銀行などに資金を預けず、百万円単位の多額の現金を高齢者が自宅に保有しているケースが少なくないようである。そうした「タンス預金」を狙って、あの手この手で高齢者をだまそうとする悪者の存在が社会問題になっている。

 日本は現金選好が強い国だと、昔から言われてきた。その上、超低金利が長期化して預金に利息がほとんどつかないとなると、わざわざ銀行などに出向いて出し入れする手間やコストを惜しんで、自宅に現金をそのまま置いておくケースが増えやすくなる。

タンス預金が振り込め詐欺に狙われやすい高齢者

 また、株式などの金融資産や土地の取引が活発化する中で、銀行振り込みを用いず、あえて多額の現金のやり取りを行うケースが、1980年代後半のバブル経済の時期だけでなく、最近もある程度は出てきているとみられる。

 では、そうした「タンス預金」はいったいどの程度の規模まで膨らんでいるのだろうか。正確な統計はどこにもないので、一定の仮定を置いて試算してみた。

 まず、「タンス預金」は日本で最も高額の紙幣である1万円札で保管されているという前提を置いた。一方、千円札の伸び率は個人消費を中心とする実需に素直に連動しているとみなした。そして、両者の伸び率格差(1万円札-千円札)がプラスの時に、「タンス預金」が伸びていると考えることにした<図1>。すると、「タンス預金」が伸びた局面が3つ見出される<図2>。

■図1: 1万円札と千円札の流通高 前年同月比伸び率格差(1万円札-千円札)
(出所)日銀資料より筆者作成
■図2: 「タンス預金」とみられる1万円札流通高の増減(暦年ベース)<試算>
(出所)日銀資料より筆者作成

 なお、5千円札については、両者の中間で性格が中途半端であり、流通額が相対的に少ないことに加え、2014年には識別マークの改良が行われる中で流通高が一時的にきわめて高い伸びを示すというイレギュラーな動きがあったことも勘案し、考察対象から外している。

コメント2

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「貯まりに貯まった「タンス預金」36兆円は、一体どうなるのか?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック