• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「女も戦場へ」は何をもたらすか

兵役という男性差別

2015年4月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント12件コメント/レビュー

女性が半分いる軍隊。想像すると面白いですね。生理学的に見ると女性は筋力こそ男性に負けますが、持久力で見ると負けていません。むしろ、条件によっては勝っている場合も多い。オマケに男性に比べて消費カロリーが少なくなるので、兵站(主に食料の)では有利になります。武器の重さは女性には不利になるかもしれませんが、引き金を引く力はさほど要りませんし。この連載の視点は大変に興味深いです。(2015/04/26)

「見えない男性差別 ~生きづらさの理由」のバックナンバー

一覧

「「女も戦場へ」は何をもたらすか」の著者

久米 泰介

久米 泰介(くめ・たいすけ)

翻訳家

1986年、愛知県生まれ。関西大学社会学部卒、ウィスコンシンスタウト大学人間発達家族学MS(修士)取得。専門は社会心理学、男性のジェンダー、父親の育児。翻訳書にワレン・ファレル著『男性権力の神話』

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

女性が半分いる軍隊。想像すると面白いですね。生理学的に見ると女性は筋力こそ男性に負けますが、持久力で見ると負けていません。むしろ、条件によっては勝っている場合も多い。オマケに男性に比べて消費カロリーが少なくなるので、兵站(主に食料の)では有利になります。武器の重さは女性には不利になるかもしれませんが、引き金を引く力はさほど要りませんし。この連載の視点は大変に興味深いです。(2015/04/26)

この記事を男性差別主義者のフェミニストたちに見て頂きたいね。(2015/04/21)

男女平等を突き詰めていくと、確かに筆者が主張されているとおりになるが、筆者が述べるレベルでの男女不平等の解消は難しいだろう。なぜなら大多数の男女は、惹かれあって結婚し新しい家族を作る存在であるからだ。筆者は果たして自分のパートナーに対してもこれまで主張されていた平等を貫くことができるだろうか。救助船の空席があと一席だった場合、または夫婦どちらかが軍隊にいかねばならなくなった場合、自分が進んで船に残る事、軍隊に行く事は男女不平等だからじゃんけんで決めようとでも言うだろうか。そんな男女平等を主張する男性に惚れる女性が社会の多勢を占めているとは到底思えない。男の方が全体的に見て体が大きく、力が強い傾向がある以上、この傾向が変わることはないだろう。(2015/04/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長