• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

やめませんか、就活生への「サイレントお祈り」

不快な思いは一生の不買につながる

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

2015年5月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人気企業の会社説明会には相変わらず多くの就活生が参加している

 「まさか最終面接でサイレントお祈りとは!」

 これは昨年就職活動を経験し、現在社会人1年目のAくんに先日取材していたときに出た言葉だ。法政大学3年生の頃から取材を通じて知る彼はふだん穏やかな好青年。しかしこの話をしたときには珍しく顔をしかめたので驚いた。

 就活をする大学生は、企業が就活生に出す不採用通知メールを「お祈りメール」と呼ぶ。文末に「今後のご活躍をお祈りいたします」と書いてあることが多いためだ。サイレントお祈りとはさらにひとひねり加わって、「お祈りメールすらよこさず不採用」という意味になる。

 Aくんが「サイレントお祈り」をどの企業からくらったか聞いてまた驚いた。お客様サービスが売りのコンビニエンスストア大手の1社だったからだ。「就活中の大事な時期に連絡が来ていないかずっとメールが気になって集中できず、気分がモヤモヤしました。町でコンビニを見かけるといまだに思い出します」と就活から1年たった今もまだ怒りは収まらずといった様子だ。

 日本大学出身のBくんも就活で不快な経験をした1人。キャラクターCMで有名な外資系生命保険会社の2次面接でのこと。面接担当者はBくんが何を答えても「そうじゃないでしょ」と全否定。最後に逆質問をしてくれと言われたのでCSR(企業の社会的責任)活動について質問したところ、「CSR活動はどこの会社もやっているし大して重要じゃない」「そのことはホームページに載ってる」と誠意のない返答。面接はそれで終わった。結局不採用になったBくんは「CSR活動に関してはホームページに載っていなかった。相手は何がしたかったのでしょうか」と憤る。

 このように就活での企業の対応に「イラッ」とする就活生は多い。日本労働組合総連合会が2014年春に実施した調査でも「就活で不快な思いをした」学生は65%もいた。不快に感じた理由も「サイレントお祈り」と「採用担当者の態度」がワンツーフィニッシュという結果になっている。

 皆さんも自分が就職活動したときに同様の経験はないだろうか。私も学生時代にある信託銀行の選考で発言したところ、「はい、自慢ありがとうね」と行員に言われてイラッとした記憶がある。就活生が不快な思いをした体験はその場だけで済まない。「そのコンビニは絶対使いません」(Aくん)、「テレビCMを見るとチャンネルを変えます。もちろんその企業の保険なんて入りません」(Bくん)と不買にまでつながるケースもある。私もその信託銀行は一生使わないと決めている。狭量ながら。

コメント23

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック