AI秘書は人間関係を円滑にしてくれるか?

ビッグデータとAIが変える仕事と生活(その1)

 本連載ですが、日経ビジネスオンラインのコラムとしては、ラスト2回となりました。そこで、ビッグデータの活用と、そのための人工知能と人間の頭脳の役割分担などについて、徒然なるままに綴ってまいりたいと思います。

IoT機器にもっともっとビッグデータを生成させよう

 4月下旬、東京ミッドタウンで開催された日経ビッグデータカンファレンスで、国立情報学研究所長の喜連川優教授が最近のビッグデータ関連の研究成果、動向について基調講演をされました。彼は経産省系の情報大公開プロジェクトのリーダーとして、また文科省の「情報爆発時代に向けた新しいIT(情報技術)基盤技術の研究」において、一貫して「情報爆発という一大事に対抗する技術の開発をすべし」との危機感を前提に実用技術の開発を主導してこられた印象があります。

 途中でどんなに、Googleはじめ米国の巨大ベンチャーにうっちゃりをかけられようが不屈の精神で立ち直って、日本独自の強みを見出し、育てるべく、いったんボロボロになっても何度でも立ち直る。そのために、海外動向についても張り詰めた緊張感で、本質的な変化を鋭いアンテナでとらえる。内外から見て優勢とはいえない日本のIT、ICTを活性化する、リーダーの鑑のような存在、というイメージでした。

 それが、日経ビッグデータカンファレンス2015 Springでは、うってかわって、IoT(Internet of Things)を楽しみ、IoTデバイスにもっともっと大量のデータを生成させて、「情報爆発に拍車をかけろ!」と高らかに宣言したかに聞こえました。何だか、歌って踊れる明るいビッグデータの時代が来たみたいに感じた人もいることでしょう。

 個人的には、この豹変は大歓迎、大好きです。ビッグデータを始末に負えない難物として危機感を煽ったり、人々の仕事がなくなる、の類の悲観論を唱えるよりも「踊る阿呆に、見る阿呆。同じ阿呆なりゃ踊らにゃ損、損」の阿波踊りの精神で、自ら楽しんでいろいろやってみたほうが良いでしょう。ビッグデータの産業構造へのインパクト、ビジネス応用といえども、ユーモアのセンスさえ漂う、ノリノリの楽しそうな実験プロジェクトをどんどん起こし、その成果を宣伝したら良い。ビッグデータ、生情報、事実に基づく様々な新ビジネス施策がどんどん試みられるのを歓迎したいと思います。例えば、こんなのです:

冷やし中華関連のビッグデータでエネルギー節減

 いかが思われますか?

 小さな、安価なIoT機器が生産と消費を直結する象徴的事例をSAPさんが紹介してくれました。生ビールをお客さんに注ぐ口と、ビール・サーバの間のチューブに小さな中継器を入れてネットにつなぐだけで、注がれたビールを1滴単位で、リアルタイムで分量を測定。いつ、どこで、どんな品質(温度等)で、どれだけが客に提供され、消費されたかの完全なデータをメーカー等にフィードバックすることができる。やってみれば「これぞ、Missing linkだった!」と思えるような1つの小さな部品の付加が、デマンド・サイドから、リアルタイムで生産調整、品質管理を実現してしまえる痛快さ。既存のネットインフラ、できたばかりのビッグデータ解析システムのポテンシャルを最大限に引き出せるような、とても分かりやすいIoTデバイスでした。

バックナンバー

著者プロフィール

野村 直之

野村 直之

メタデータ株式会社社長

NEC、MIT人工知能研究所、ジャストシステム等を経てメタデータを創業。ビッグデータ分析、ソーシャル活用、機微情報の匿名化ソリューションなどを提供中

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

0%

まあ参考になった
 

0%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

0%

読んだほうがよい
 

0%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメントコメント0件

コメントを書く

閉じる