• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ルポルタージュ:大阪のいちばん長い日

市民の思いが熱いうちに次の方向性を

2015年5月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「大阪都構想」の投票日前日、大阪・なんばで街頭演説をする橋下徹市長

 「大阪を再びニューヨーク、パリ、ロンドンと並ぶような世界有数の都市にする。東の東京、西の大阪となるのは、最高の政治家の夢」

 「大阪都構想」の是非を問う住民投票。投票日前日の5月16日、夜7時から大阪・なんばで多数の聴衆を集めた街頭演説で、大阪市の橋下徹市長はこう語りかけた。

 だが、結果は反対70万5585票、賛成69万4844票。僅差で反対票が上回り、橋下市長の大阪都構想の夢は潰えた。大阪府知事時代の2010年に構想を打ち出してから5年。大阪市を二分してきた議論にようやく終止符が打たれた。

 速報が報じられた後の記者会見の席上、橋下市長は事前の公約通り「今年12月の市長任期を全うしたら、政界を引退する」との意思を表明した。

沈黙する反対派陣営に突如、歓喜の声

 過去の類のない住民投票。しかも大接戦とあって、反対派の陣営では開票の途中経過を見守りながらの緊張が続いた。テレビ画面には僅差ながら賛成票が多いことが報じられていた。開票率も60%以上になり票数も多くなってきていたからだ。そうした中、異変が起きた。

 「勝った!」「ホンマや!」

 夜10時30分過ぎ、NHKが反対派優勢とみて都構想否決の速報を伝えたのだ。大阪市内にある自民党大阪府連本部では歓声が上がった。

 その後の記者会見で竹本直一府連会長(衆院議員)は「(反対派、賛成派がお互い手を取り合って)ノーサイドで府民、市民のために安定した大阪をつくっていきたい」と語り安堵の表情を浮かべた。

自民党大阪府連本部での記者会見。柳本顕市議団幹事長(写真左前)は「劣勢だったがよくここまで頑張った」と反対派の活動を評した。写真右前は竹本直一自民党府連会長

コメント23

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ルポルタージュ:大阪のいちばん長い日」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長