• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

年金情報流出会見「あれ、これって練習?」

2015年6月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今週明らかになった年金情報の流出事件。少なくとも約125万件の個人情報が流出したと発表した日本年金機構の理事長による会見は、単なる個人情報の流出以上の大きな問題を印象付けました。

 長らく記者会見やトップのメッセージ発信のアドバイスをしてきましたが、今回は、記者会見によって信頼をさらに落とす典型的なパターンだと見られます。

 何が問題なのか、どうすれば良いのかも含めて、いつものように動画を見ながら考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫、それでは今週もいってみましょう。

形だけの説明に終始した記者会見

 6月1日、日本年金機構の水島藤一郎理事長ほか2名が記者会見に臨み、約125万件の個人情報流出が確認されたことなどを明らかにし、謝罪しました。

 ところが、日頃こうした場面での伝え方をアドバイスしている私は、その光景に強い違和感をもったのです。

 それは、これが本番ではなく、本番を想定したトレーニングで見られる様子にとてもよく似ていたからです。

 つまり問題そのものに対して、まだ真剣に向き合っていないような、どこか他人事のように考えている雰囲気があるということです。

 別の表現をするならば、それはあたかも就活マニュアルを読んで受け答えを暗記した学生を見ているかのようで、形の上ではきちんと説明しているかに見えますが、言葉の意味や問題の深刻さを理解していないのではないか、という疑問を感じさせる伝え方なのです。

 ご興味のある方は、会見の一部始終を記録したものが下にありますので、ぜひゆっくりご覧ください。

[(全録)日本年金機構が会見 約125万件分の個人情報流出と発表]

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「年金情報流出会見「あれ、これって練習?」」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長