• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

[298]片思いの女に当たって砕けなさい

2015年6月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

10年以上好意を寄せている女性がいます

Q 好きな女性に彼氏がいるため、告白することすらできません。僕は別れが来るまで待とうと思っており、付き合えるかどうかは分かりませんが、白黒つけたい気持ちでいっぱいです。それは10年以上にわたって好意を寄せ続けているためです。友人には視野を広げろと言われるのですが、ずっとその女性のことで頭がいっぱいなのです。そして器量が狭いのか、相手にいつも彼氏がいるためか、好きな相手の男性遍歴を気にしてしまうのです。僕は25歳なのに、交際歴ゼロの上に女性経験がないためです。どのように考えれば相手の男性遍歴を気にせずにいられますか? また、友人の言うように長年にわたって一人の女性に夢中になっている自分は愚かなのでしょうか?

(25歳・男性)

ミツハシ:ついに出ましたね。あの名著『水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負』(開高健・島地勝彦著、CCCメディアハウス)の復刻版。

水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負』開高健・島地勝彦著/CCCメディアハウス/2000円(税別)

シマジ:「復刻版」ではなく、正確には「蘇生版」だ。

ミツハシ:蘇生版ですか。命を吹き込んだ感じでいいですね。

シマジ:何しろ『水の上を歩く?』は、枕頭の書として熱狂的に愛してくれる人が数多くいる本だからね。ところが、単行本の後に出た文庫本も今では絶版となり、読みたくても読めない幻の書になっていた。収めているジョークがエロくてヤバイということで、どこかの誰かが重版に二の足を踏んだんだな。それを蘇生しようと考えたCCCメディアハウスは偉い!

ミツハシ:内容の面白さはもちろんですが、この蘇生版、写真がいいですね。開高さんとシマジさんが本当に酒場でジョーク勝負を繰り広げて大笑いしている写真が素晴らしい。しかも、40代のシマジさんはなんとパンチパーマ。もう、この写真だけで笑いがこみ上げてきます。

シマジ:面白がるポイントが違う気がするが、まあ愉しんでくれたならそれでいい。

ミツハシ:私は文庫本の方を何度も読み返しましたから、内容はほぼ頭に入っています。でも、美しい造本・装幀で貴重な写真を収めた蘇生版は、読書用と保存用に2冊入手してしまったほどです。あとでサインをしてくださいね。

シマジ:もちろんだ。

ミツハシ:では、今週の相談に移りましょう。25歳の純情な青年からの相談です。

コメント0

「乗り移り人生相談」のバックナンバー

一覧

「[298]片思いの女に当たって砕けなさい」の著者

島地 勝彦

島地 勝彦(しまじ・かつひこ)

コラムニスト

「週刊プレイボーイ」の編集長として同誌を100万部雑誌に。各誌編集長を歴任後、2008年11月集英社インターナショナル社長を退き、現在はコラムニスト。シガーとシングルモルトとゴルフをこよなく愛する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック