• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中小企業が技を持つ日本、企業格差が止まらない韓国

基盤産業が支える富士山型日本産業、セット事業リードの逆ピラミッド型韓国産業

2015年6月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本のモノ作りが改めて見直されている。世界的に見て、きめ細かな匠の技が製品を引き立てることが取りあげられている。昨今における円安基調下での大企業輸出産業の好調ぶりもさることながら、個々のこだわりによる緻密で繊細な中小の技が、強みを放つケースは非常に多い。

 新潟県・燕三条の世界に轟く金物類、大田区の町工場群の独自技術やオンリーワンなどがそれらの代表であろう。マスコミにも良く採り上げられる企業体は数多い。そのような存在感がある企業は日本のあちこちに点在している。日本ならではの匠の技術が認められ成長産業に発展している。

 NHKの連続テレビ小説「まれ」でも登場する輪島塗もその1つで、その手の込みようは、文化そのものを発信している。漆の一般的な英語がJapanで定着していることも、文化そのものを意味していると言える。

 一方、余談ではあるが、輪島の中でも輪島塗もどきが多いと聞く。それだけ、価値が高いから模倣品も出るのだろうが、日本の中で模倣品の存在は賛同できない。日本は常に、本物志向でグローバルに戦う必要があるし、戦えるからだ。

 職人芸が商品を造る。これは、ユネスコ世界遺産になった「和食」文化にも相通じるものがある。素材の良さ、優れた加工、できあがった美しさ。美しいものは、おしなべて商品レベルは高いのが一般的だ。

地方に生きるブランド製造拠点

 5月中旬に秋田県横手市にある企業を訪問する機会を得た。ヴァルモードという企業である。横手市出身でもある筆者は、それまで、この企業の存在を知らなかった。訪問前に、凄い会社だという話は聞いていた。仏ラコステのスポーツシャツを中心にした縫製会社で、ラコステ本社が認める技術と品質とのことであった。

 ラコステも世界各国に縫製工場を拠点としてもって展開してきたとのこと。なぜこの横手に、そのような世界に通じる技術や品質を持った製品が作られているのかという疑問を解決したく、訪問させていただいた。

 世界の各拠点の製品をそれぞれ比較してみると、どうしても品質に差が生じ、品質の平準化が図れないとのことであった。結局は高品質なモノ作りができるかどうか。それでラコステは、品質の悪い製造拠点を段階的に封鎖していったとのこと。そして残った拠点の1つが、この横手市の企業との説明を受けた。

 今では、日本製ラコステの90%以上が、この横手市での製品との事を知り驚いた。それだけ、競争力のある工場であることが立証され、ラコステ本社も十分に認めているとのことだった。では、どのような点が認められたのだろうか。

コメント0

「技術経営――日本の強み・韓国の強み」のバックナンバー

一覧

「中小企業が技を持つ日本、企業格差が止まらない韓国」の著者

佐藤 登

佐藤 登(さとう・のぼる)

名古屋大学客員教授

1978年、本田技研工業に入社、車体の腐食防食技術の開発に従事。90年に本田技術研究所の基礎研究部門へ異動、電気自動車用の電池開発部門を築く。2004年、サムスンSDI常務に就任。2013年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長