• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第5回】「給料は交渉次第」の米国
生涯賃金で数千万円の差

会社に自分の価値を認めさせる個別交渉術

2007年5月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、米国のビジネスパーソンと勤務先の“交渉”について見ていこう。筆者は昨年夏から、米国のビジネスパーソン約40人に仕事と私生活の両立について取材してきた。日本と大きく違うのは、個別交渉が多いことだ。女性だけでなく男性も、家族と過ごすための休暇や短時間勤務を要求している。

 「報酬を減らす代わりに、休日を増やしてほしい」。製薬業界で働く30代の男性は、こう話す。彼の家族は、医師の妻と2人の子供。妻のキャリアを優先し、彼が家事と育児を担当するため、これまでは残業のない時間給の職に就いていた(記事詳細はこちら)。トップスクールのMBA(経営学修士)を持っているから、頻繁にヘッドハンターから連絡が入る。

 筆者がインタビューしたのは、彼が転職の条件交渉をしている時期だった。報酬や仕事の内容は問題なかったが、彼の不満は休日の日数。先方の提案では、妻よりも休日が少なくなる。家族を優先したい彼は、休日の日数について先方と交渉を始めたところだった。

 能力に自信がある人ほど、強気の交渉ができる。ある大学教授は、育児のための休暇を半年間取得した。勤務先には男性の育児休業について規定はなかったが、所属学部と交渉して休みを認めさせた。彼は既に質、量ともに十分な論文を執筆していたから、キャリアダウンの心配は全くなかったという。彼の妻も大学教授で、仕事と私生活の両立のため、双方が仕事量やスケジュールを調整している。

AnnArborの街並み

 ちなみに夫婦の場合、男女どちらのキャリアを優先するのか。ミネソタ大学のフィリス・モーエン教授らの調査によると「夫と妻、どちらのキャリアを優先したか」という質問に対し「夫を優先した」と答えたのは男性の54%、女性の53%。一方で男性の31%、女性の30%は「どちらも優先していないか、交代で優先した」と答えた(『It's about time: Couples and careers』、Cornell University Press、2003年)。調査対象は、ニューヨーク州北部の高学歴カップル835組。半数は夫のキャリア優先だが、既に3割はお互いのキャリアの両立を図ろうとしている。

 共働きが多く、まだ少数派ではあるが妻のキャリアを優先することさえある米国人カップル。日本に比べると、個人志向が強いのが特徴だ。働き方についても会社の制度を頼らずに個人単位で交渉し、必要なものを“取ってくる”という感覚だ。上司の方も、日頃の部下の仕事ぶりに応じて、こうした交渉に柔軟に応じる。

自分のワークスタイルをプレゼンで勝ち取る米国

 ミシガン大学のワークライフリソースセンター(ワークライフに関するセミナーやカウンセリングを行う。育児、介護に関する資料を集めた図書館もある)は、短時間勤務や在宅勤務の事例を紹介している。この中に“Sample FlexProposals”という文書がある。短時間勤務を希望する人のための申請書見本だ。自分の仕事をすべて書き出し、勤務時間短縮の影響を予測、同僚にフォローを頼んだり、自宅のパソコンで作業することで、仕事に支障がないことを示している。

コメント4件コメント/レビュー

面白く拝読いたしました。ただし、現在の男女共同参画局では間接差別という言葉で女性が積極的に「手を挙げられない」状況があることを指摘しています。交渉ベタでも、爪を隠して働いていても「能」を掘り返せる制度がないことには、局の定義する女性差別はなくらなんのだろうなと感じました。要するに、そこがアファーマティブ・アクションを正しいとする根拠ですね。(2007/05/12)

「数字で見る男と女の働き方」のバックナンバー

一覧

「【第5回】「給料は交渉次第」の米国
生涯賃金で数千万円の差」の著者

治部 れんげ

治部 れんげ(じぶ・れんげ)

経済ジャーナリスト

経済ジャーナリスト。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社で16年間、経済誌記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

面白く拝読いたしました。ただし、現在の男女共同参画局では間接差別という言葉で女性が積極的に「手を挙げられない」状況があることを指摘しています。交渉ベタでも、爪を隠して働いていても「能」を掘り返せる制度がないことには、局の定義する女性差別はなくらなんのだろうなと感じました。要するに、そこがアファーマティブ・アクションを正しいとする根拠ですね。(2007/05/12)

はじめまして、お説についての疑問です。貴殿は「企業説明を聞く時に、こんなことを尋ねてみたらどうか。云々」とのこと。そのような質問をした者を採用する企業は稀だと思いますがいかがでしょう。女性はまず入社出来るかどうかが最大関門と考えます。その稀な企業を探し出し、そこに採用されるには、、、。就職氷河期と変わらぬ困難さを感じます。転職率の上がるのは当然のことのように思いますがいかがでしょうか。(2007/05/09)

治部さんのコラム、毎回、楽しみにしています。申し出によって仕事を任せた結果、女性の方が地位が低くなってしまった大学でのエピソードに、妙に納得しました。女性は(私も含め)、「私にさせてください」と言い切れない人、自信のない人が多くてもどかしい。これは何故なの?と自問する毎日です。遅ればせながら、最近になって『会社の掟』("Games Mother Never taught You" Betty Lehan Harraganの翻訳)を読んだので、今回のコラムには膝を打つ思いです。"Women don't ask: Negotiation and the Gender divide"もぜひ読みたい!(2007/05/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表