• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第1話 「オレの選択は間違っていなかった」

2007年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

プロローグ
── シンガポール・チャンギ国際空港発JL710便

 「これがオレの人生なんだ」

 団達也は、自分に言い聞かせた。隣のシートからは、かすかな寝息が聞こえてきた。読書灯をつけているのは達也だけだった。達也はブランデーのミニチュア瓶に手を伸ばし、スクリューキャップをひねった。

 (あの時もそうだったな)

図版

 2年前のことだ。MBAランキングトップのハーバードビジネススクールを蹴って、ランク91位のシンガポール大学ビジネススクールを選んだのだった。

 「お前、頭が狂ったんじゃないの」と周りから真顔で言われたものだ。

 エリート街道を突っ走ってきた大学の仲間たちに心配されたのも、当然だった。当の本人も、あの宇佐見のオヤジにそそのかされていなければ、今頃はボストンの学生街で祝杯を挙げていたのに、と時折思うことがある。やはり、ネームバリューにはかなわない。

 (でも、オレの選択は間違っていなかった)

 2年間の学生生活を振り返って達也は満足している。宇佐見のオヤジといっても、達也の父親ではない。大学の恩師であり、人生の師匠のことだ。達也は大学4年の時「管理会計」のゼミを取った。その時の担当教授が宇佐見秀夫だった。

 宇佐見は学者と言うより、知る人ぞ知る経営コンサルであり、根っからの実務家である。公認会計士の資格も持っている。「経営に使えない管理会計は意味を持たない。だから、くだらんテキストはシュレッターにかけたまえ」というのが、口癖だった。あれは卒業前の最後のゼミだった。宇佐見は学生たちに言った。

 「明日からは私と君たちの関係は、師匠と弟子になる。何でも相談に来なさい。弟子からは金は取らない」

 押しかけ師匠じゃないか、とも思ったが達也はうれしかった。経営コンサルタントとしての宇佐見のフィーは1時間10万円以上と噂されていた。あのような言い方をして、ボランティアで若者を育てようとしているのだ。

 しかし、オヤジと呼ぶようになった理由は別にある。大学を出て最初に勤めた会社は監査法人系のコンサルティングファームだった。内定を報告しに行った時、宇佐見は普段見せたことのない険しい形相で達也を叱った。

 「経験のないお前が経営コンサルタント? 10年早い!」

 達也には、師匠といえども自分の進路を否定するのを許せなかった。
 「失礼します」と言って、宇佐見の研究室を飛び出した。

 経営コンサルタントはいわば「自らの経験を売る商売」だ。大学を卒業したばかりの達也がまともなコンサルティングなどできるはずもない。経験の裏づけのない知識は、鋭利な刃物と同じだ。そんな認識もないまま、達也は「完璧なプレゼン」をしてしまった。その結果が、あの出来事だった。いまでも、悪夢にうなされ、飛び起きることがある。

 そして2年後。あの大失敗で心身共に疲れ果てた達也は、再び宇佐見の事務所を訪れた。宇佐見は久しぶりに見る愛弟子を暖かく迎えた。

 「先生の忠告に従うべきでした…」

コメント14件コメント/レビュー

まんがにしてほしい。(2007/07/13)

「「熱血!会計物語 ~経理課長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第1話 「オレの選択は間違っていなかった」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まんがにしてほしい。(2007/07/13)

早く続きが読みたいです。とても興味があります!(2007/07/13)

大変興味深いテーマで、次回以降が楽しみです。ただ、少しだけ皮肉まじりで言えば、中盤までの展開はもう既に読めますので、結末がどう転ぶのかだけに関心が絞られてしまうのが残念かな。(2007/07/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長