• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第7回】良い残業・悪い残業

本音は「家よりも会社が楽しい」!?

2007年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、米国ビジネスパーソンの長時間労働の実態を紹介した。今回はその理由について考えたい。紹介するのは“遅れた企業”ではなく、“ワークライフバランス先進企業”でさえ、今なお抱える課題である。

 1つ目の課題は、制度と実態の乖離だ。「これまでのキャリアで、パートタイム勤務をしようと思ったことはありますか」と、ある大企業の女性役員に尋ねてみた。

 筆者はかつて、同社で働くパートタイム管理職にも取材したことがある。当時、労働時間が短くても昇進できるとは初耳だった。これが可能なら、ワーキングマザーや家庭責任を果たしたい男性たちは、希望が持てると思ったのだが…。

 ところが冒頭の質問に対し、女性役員の答えは「ノー」。理由は、制度と実態に乖離があるためだ。この企業でフルタイムの場合、制度上は週40時間労働だが、実際は60時間働く。パートタイムの場合、制度上は週32時間で実際は40時間の労働。パートを選べば、「キャリアアップを求めていない」と評価されてしまう。役員を目指す女性にとっては、パートタイムの選択はリスクが大きい。

制度の利用を邪魔する上司

 「制度だけはまあ、整っているけれど。そんなにいい環境じゃないですね」。ある女医はこう言う。彼女は正式には週30時間半のパートタイムだが、実際の勤務時間はフルタイムを上回る。患者のカルテ整理などのペーパーワークを、勤務時間外に週6~7時間やらねばならない。夕方以降に仕事が入ると、保育園児の子供を迎えにいくのに差し支える。

 彼女が働く病院は規模が大きく設備が整っており、専用の育児施設もある。制度だけを見ると先進的な雇用主に見えるが、実際はそうではないらしい。

 問題は上司だ。制度上は認められているのに、パートタイム勤務の利用を申請すると、露骨に嫌な顔をするという。

 そんな環境で、仕事と家事の両立に力を貸してくれるのは同僚だという。感じの悪い上司には期待せず、パート勤務の女医同士で互いにサポートし合い、仕事に支障が出ないようにしている。

コメント12

「数字で見る男と女の働き方」のバックナンバー

一覧

「【第7回】良い残業・悪い残業」の著者

治部 れんげ

治部 れんげ(じぶ・れんげ)

経済ジャーナリスト

経済ジャーナリスト。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社で16年間、経済誌記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長