• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第12回:ゴールドマン・サックス
マタニティースーツを女性同士で貸し借り

最前線で活躍する福本多起さん、小澤ふみ子さんに聞く

  • 田村 知子

バックナンバー

2007年7月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国ニューヨークを本拠に、創業130年以上の歴史を持つ世界有数の投資銀行、ゴールドマン・サックス。米国をはじめ、アジア太平洋、欧州の主要都市に現地法人などを有する同社では、文化や人種・民族、宗教、性別などにかかわらず優秀な人材を確保し、平等な活躍の場を提供することを目的に、2001年「グローバル・リーダーシップ・アンド・ダイバーシティ(GLD)」を立ち上げた。

ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス 人事部 ヴァイス・プレジデント グローバル・リーダーシップ&ダイバーシティ 東京マネジャーの福本多起さん

ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス 人事部 ヴァイス・プレジデント グローバル・リーダーシップ&ダイバーシティ 東京マネジャーの福本多起さん(写真:皆木 優子、以下同)

 GLDはニューヨークのトップ直轄の組織であり、現在、東京オフィスでマネジャーを務めるのは、ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス人事部のヴァイス・プレジデントの福本多起さんだ。GLDが設置された背景を、福本さんはこう話す。

 「ゴールドマン・サックス(GS)で働く社員の帰属する国の数は、国連加盟国およそ200カ国に匹敵するほどです。それぞれの文化を尊重し合わなければ、当社が重視するチームワークの維持や強化は図れません。また、近年では女性経営者が増えるなど、顧客やそのニーズも多様化しています。それに応えるべく企業競争力を高めるためには、優秀な人材の確保が必須です。そこでGLDでは、マイノリティーと見られる女性の活躍を支援し、誰もが働きやすい職場環境を整えることに注力しています」

 女性のキャリアの中で、妊娠と出産がハードルになると考える向きはまだ多い。そこでGSには、キャリアの相談ができる通常のメンター(助言者)だけでなく、妊娠・出産や育児に伴う不安や悩みを中心に相談できるマタニティーメンターがいる。「妊娠中の社員が希望すれば、出産、育児を経験している女性がマタニティーメンターとなり、体調が悪い時はどうしたらいいか、出産・育児休暇を取る際の引き継ぎの進め方など、きめ細かなアドバイスを受けることができます」と福本さんは言う。

 育児支援制度の中身を分かりやすく記載した「ペアレント・ツールキット」も用意している。「これはワーキングマザーだけではなく、男性も含めたワーキングペアレンツを対象としたものです。育児に関する支援は、男女がともに考えていくことを意識しています」と福本さん。

 さらに、昨年からは全マネジャー向けトレーニングプログラム「グレート・エクスペクテーションズ」も開始された。このプログラムでは、妊娠した女性部下に上司がどう対応すればいいのかなどのトレーニングが行われる。福本さんは、「例えば、部下から妊娠を告げられた時、つい『仕事はどうするの?』と聞いてしまいがちですが、まずは『おめでとう』『体調は大丈夫?』と声をかけるといったような初歩的なことから学びます」と言う。

コメント2

「ダイバーシティーマネジメントに取り組む女たち」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長