• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第7回】男性がセクハラを受けたケース

宴会で“裸踊り”を強要されたら、どうしたらいいか

  • 田中 早苗

バックナンバー

2007年8月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

今回の相談

 宴会で“裸踊り”を強要されたら、どうしたらいいか

 わが社の社員旅行では、宴会で多少ハメを外した芸をすることがあります。この件で、今年入社の男性A君から質問を受けました。彼の部署はほぼ全員が男性で、新人は先輩からいわゆる“裸踊り”を強要されることが多いのです。

 A君の相談は「裸踊りをやりたくない」とのこと。実は私も新人の時は断れずにやらされたので、「男同士だし、見られてもいいじゃないか」と言いましたが、A君は「そういう問題ではない。できればやりたくないが、昇進などに響くならやらざるを得ないのか」と悩んでいます。どうアドバイスすべきでしょうか。

 また、会社のコンプライアンスの観点から、嫌がる新人にこうしたことを強要した場合、上司や会社はどういう問題に問われるのでしょうか。(37歳、男性)


回答

 男性へのセクハラと言えるので、しかるべき窓口に相談を

----------

 今年4月に施行された改正男女雇用機会均等法(以下均等法)は、女性だけでなく、男性に対するセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)についても、事業主に雇用管理上の措置義務が課されることになりました。

 均等法上のセクハラは、「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されること」(11条1項)と定義づけられます。

 さらに厚生労働省の告示によると、事業主に課された措置義務の内容としては、事業主に「迅速かつ適切な対応」をすること、さらに「職場におけるセクシュアル・ハラスメントが現実に生じている場合だけでなく、その発生のおそれがある場合や、職場におけるセクシュアル・ハラスメントに該当するか否か微妙な場合であっても、広く相談に対応し、適切な対応を行うようにすること」と、事前の予防的な相談も受けることが求められています。

 今回のケースも均等法上のセクハラとなりえ、事前の相談を受け、対応することが求められているケースです。

 均等法改正前から裁判の場では、男性のセクハラに対して、事業主に対する損害賠償が認められていました(後述)。また学校では、友人のパンツを脱がせるなどの男性同士のセクハラが問題となったこともあります。

 このため、均等法の改正があったために男性へのセクハラが不適切で違法とされるようになったというわけではありません。ですからあなた自身も、過去に“裸踊り”を強要された時に、社内のコンプライアンス上問題にすることができた可能性はあります。

   しかしいずれにしても、現段階ではA君に“裸踊り”を強要することは企業として許されません。このような状況にあることをA君に伝えて、「このことを上司に相談するか、考えてみるように」とアドバイスしてはどうでしょうか。

コメント3件コメント/レビュー

どうして、男性へのセクハラの例は、裸踊りばかりなのだろうか? 本来、男性であろうが、女性であろうが、同じ基準で判断するべきではないだろうか。女性への裸踊りの強制は、セクハラになるなどという例は見たことがない。当然だということだろう。男性へのセクハラの基準は、女性に比べ一段厳しいところにあるように思える。これは、明確な男性差別ではないのか? 男女平等を唱えるのであれば、このようなダブルスタンダードを直すべきである。(2007/08/20)

「管理職のためのセクハラ・パワハラ対処法」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どうして、男性へのセクハラの例は、裸踊りばかりなのだろうか? 本来、男性であろうが、女性であろうが、同じ基準で判断するべきではないだろうか。女性への裸踊りの強制は、セクハラになるなどという例は見たことがない。当然だということだろう。男性へのセクハラの基準は、女性に比べ一段厳しいところにあるように思える。これは、明確な男性差別ではないのか? 男女平等を唱えるのであれば、このようなダブルスタンダードを直すべきである。(2007/08/20)

男性に対するセクハラで、いずれ話題になるのかもしれませんが‥確かに男性による女性へのセクハラが圧倒的かつ深刻であることは明白です。しかし、セクハラ問題を議論するにあたり女性による男性へのセクハラがあまりにも軽視されており、また、女性が男性へのセクハラを行っている自覚を全くと言って良いほど持っていないことに、もっともっと注視すべきではないでしょうか。中高年女性パートが大勢働く工場や物流センターなどで、若い男性が正社員の担当者として配置されたような場合、何が起こるか想像できますか? 現実は想像を遥かに越えます。抱きついたり、片腕にしがみついたり、人前でも平気で甘えた態度をとるなどは日常茶飯事で、当然止めに入る者はいないし、男性側が嫌悪の態度を取れば、たちどころに「差別だ」「えこひいきだ」「○○さんだけはお気に入りだから‥」などと言った女性特有の思考での攻撃が開始され、手がつけられない状態となります。宴会でエキサイトすると、デュエットを強要されている途中に不意打ちでズボンを脱がされるなんてこともあります。これらの中高年女性パートたちは、同じことを逆の立場で行ったら単なるセクハラでは済まされないことを、全く自覚していない割には、男性側のセクハラ的発言には極めて敏感に反応し、徒党を組んで抗議に押し寄せます。以上は丁度セクハラが社会問題として認知されるようになった10年くらい前の私の実体験ですが、私はイケメンでもいじめられっ子でもない、ごく普通の男でした。当時の私は海千山千の中高年女性パート200人を20代の男一人で担当するという特殊な環境下での特殊な事象であると認識し、会社にも赤裸々に実態を報告し、私以後はその職務は定年後の男性嘱託社員の担当となりました。しかし、最近の中高年女性の若いイケメン俳優やスポーツ選手への執着は異常なもので、韓流や**王子ブームを見れば分かる通りですが、これは何も有名人に限ったことではなく、中高年女性パートによる若い男性社員への集団セクハラがあちこちに蔓延しつつあるのではないか、という思いを拭い去れません。(2007/08/20)

この種のセクハラの被害に長年あい続けてきた男です。この記事を読んで勇気付けられました。(2007/08/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長