• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第13話 「それでも御社は引き取っていただけるのですね」

2007年10月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

◎前号までのあらすじ

達也と真理は、井上購買部長が王川(オウカワ)梱包という架空の会社を作り、不正取引をしていることを突き止めた。ジェピーのもう1つの不透明な取引、循環取引の首謀者は営業部の石田課長のようだ。しかし、証拠がない。達也と真理は、有給を取って愛知パーツに向かった。

 「あの2人は、どうなってるんだ!」

 斑目が大声で怒鳴った。経理部はシーンと静まり、がまガエルのように醜く太った男の声が部屋中に響いた。

図版

 「2人とも休暇を取って休みだと? 仕事をさぼって。けしからん奴らだ」
 斑目は不愉快でたまらない。

 そこに、萌がコーヒーを運んできた。斑目は猫なで声になって萌に言った。
 「ねえ、萌ちゃん。君はあの2人をどう思う?」
 斑目はこの経理部のマドンナに話しかける時は、いつもこうなのだ。

 萌は、戸惑った。
 「団課長はジェピーに入社したばかりで、会社のことを覚えるのに必死だと思います。細谷さんは、私なんかよりずっと仕事ができますから、課長も信頼しているのではないでしょうか」

 「君は優しい子だね。自分勝手で組織の調和を乱す奴らにも、決して悪口は言わないからね」
 斑目は、目を細めて萌を褒めた。

 「私、実は…」
 突然、萌は何かを言おうとして、言葉を詰まらせた。

 「どうしたの」
 斑目は萌の顔をのぞき込んだ。
 「いいえ。何もありません」
 「心配事があれば何でも私に言ってごらんなさい。力になるよ」

「「熱血!会計物語 ~経理課長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第13話 「それでも御社は引き取っていただけるのですね」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長