• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第10回】胸の大きく開いた服装を注意したいが…

  • 田中 早苗

バックナンバー

2007年11月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

相談

 部下の女性が露出度の高い服を着てくるが、どう注意すべきか

 メーカーで課長をしております。私の部署の女性の1人が、胸元が大きく開いたりした服装をすることが多く、(最近は流行なのかもしれませんが)冬でもジャケットの下はノースリーブで出社したりしています。

 スタイルもいい彼女は、こうした服装が似合っているのですが、取引先に行って何か問題が起きるのではないかと心配です。

 何気なく注意したいのですが、女性の服装に注意するとセクハラだと思われるのではないかと、こちらからは言い出しにくいのです。女性上司などに代わりに注意してもらえればいいのですが、わが社には適任の女性もいません。どうしたらいいでしょうか。(49歳、男性)


回答

 相手に不快感を持たせないように注意する。ドレスコード作成も一策

----------

 相手の服装を注意する際には、「胸元が開きすぎている」「肌を露出しすぎ」などのようにセクシャルな部分に焦点を合わせたり、「“夜の仕事”のような服だ」「私は、そういう服装は好きではない」と主観的な判断をしたり、「今夜はデート?」とプライバシーに関わるような発言をすると、相手に不快な思いをさせたり反感を抱かれる可能性は高いと言えます。

 仮にこのような注意の仕方をしてしまっても、直ちに違法なセクシュアル・ハラスメントとは言えませんが、できれば部下との軋轢を生じないようにあなたの真意を伝え、服装を改めてもらうのが望ましいでしょう。

 そのためには、次のような工夫が必要です。

  1. 相手の服装に特定した指摘の仕方ではなく、一般的に社会人としての服装についての注意を与える
  2. からだの特定の部分(胸、腕、脚など)を指摘しない
  3. 服装に関する主観的な判断を加えない
  4. 会社の品位やイメージを考えた服装が望ましい、と伝える

 取引先から彼女の服装を揶揄されたり、クレームがつけられるなどの「実害」が生じているならばその事実を彼女自身に直接伝え、一般的な注意にとどまらず服装を改めてもらうように言いましょう。

コメント4件コメント/レビュー

なるほど、と思いました。以前、私の同僚女性が露出過多な服装をしており、男性上司が困っていたことを思い出します。男性が注意するとセクハラと受け止められかねないし、女性管理職もいない・・・という状態でした。他の方のコメントにもありますが、職場にふさわしくない女性の服装は男性に対するセクハラと言えるように思います。(2007/12/19)

「管理職のためのセクハラ・パワハラ対処法」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なるほど、と思いました。以前、私の同僚女性が露出過多な服装をしており、男性上司が困っていたことを思い出します。男性が注意するとセクハラと受け止められかねないし、女性管理職もいない・・・という状態でした。他の方のコメントにもありますが、職場にふさわしくない女性の服装は男性に対するセクハラと言えるように思います。(2007/12/19)

職場で男女平等を実現する場合、一番難しい問題です。女性はファッションと言い訳しますが、見る者がどう感じるかの自由もあります。曖昧な規定と筆者は仰っていますが、実は女性も、女性の「露出過剰」には、不快を感じているのです。妬みではありません。結局は、避暑地やフォーマルパーティーの夜の場に向いた服装の着用を、職場でも許すのか否かで判断したらどうかと思います。「場」を基準にしたらどうでしょうか。(2007/11/23)

最近は、まともな会社なら職場で「セックスアピール全開」の格好をしてくる人は少ないのではないでしょうか。高度で難しい仕事をする職場ほど、「オスメスの匂い」を消して仕事に邁進する空気になっていると思います。(2007/11/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者