• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

部下と張り合うようでは上司失格

リンダ・ヒル
米ハーバード大学経営大学院教授に聞く

2008年2月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本企業で成果主義型の人事評価制度の導入が進んだ結果、多くの管理職が自身の個人業績の向上と部下の管理・育成を同時にこなす「プレーイングマネジャー」であることを求められるようになっている。

 しかし、2つの異なる役割を両立できず、業績の達成を優先して部下の管理・育成を疎かにしてしまうことが少なくない。その結果、部署全体の業績が低下してしまうという悪循環に陥っている。

 このジレンマを克服するにはどうすべきなのか。同じ問題にいち早く直面した米国で管理職のあり方を研究しているリンダ・ヒル教授に問題解決への方策を語ってもらった。

(本誌による要約 日経ビジネス 中野目 純一)


リンダ・ヒル(Linda A. Hill)氏

米ハーバード大学経営大学院教授。専門は組織行動論。大学院の学生を教える傍ら、リーダーシップの育成などについてのコンサルティングを企業に行っている。コンサルティング先にはGE(ゼネラル・エレクトリック)やIBM、モルガン・スタンレーなど米国を代表する企業が名を連ねる。米シカゴ大学で行動科学の博士号を取得。


(写真:都築 雅人)

 「プレーイングマネジャー」の役割を求められている管理職のことを米国では「プロデューサー兼マネジャー」と呼んでいます。それは誰にとっても難しい役回りです。

 何年か前に管理職にプレーヤーとしての役割を断念させた方がいいのか、それとも続けさせた方がいいのかを調査したことがあります。どちらがいいのか、明確な答えを得ることはできませんでした。ただし次のようなことははっきりと言えます。

 管理職がプレーヤーとしての役割をあきらめた場合、ビジネスの感覚が失われます。顧客の関心が何にあるのかが分からなくなるという代償がある。半面、管理している部下との競争から解放されるという利点もあります。つまり、メリットとデメリットの両方があるわけです。

 一方、プレーヤーとしての役割を続けさせた場合、管理職はプレーヤーとマネジャーのどちらかの役割を放棄してしまうことが多い。なぜなら重い負担に押しつぶされてしまうからです。

 プレーヤーとマネジャーのどちらの役割を疎かにするかというと、後者の方が多い。もともと彼らはプレーヤーになりたくて入社してきます。多くの人はプレーヤーのままでいたいと思っていて、嫌々ながらマネジャーやリーダーになることが少なくありません。

 人はプレッシャーを感じたり、ひどく疲れたりした時には楽な方へと向かうものです。それがプレーイングマネジャーの場合にどちらかといったら、慣れ親しんできたプレーヤーの役割であるわけです。多くの場合、そちらの方がよく知っていて得意でもあるのですから。

企業の対応にこそ根本的な問題がある

 もっとも、管理職の本来の職務であるマネジャーの役割を放り出したからといって、当事者個人の責任ばかりを問えばいいわけではありません。なぜなら、マネジャーという新たな職責を担う前に、そのためのトレーニングやサポートを企業が与えていないことが多いからです。

 管理職になる際には、自分の役割が何かについて、見方を根本的に転換しなければならない。例えば、仕事から満足感を得る方法を変える必要がある。マネジャーとして味わう満足感はプレーヤーのそれとは異質のものだからです。

コメント11

「ポスト成果主義 スタンドプレーからチームプレーに」のバックナンバー

一覧

「部下と張り合うようでは上司失格」の著者

中野目 純一

中野目 純一(なかのめ・じゅんいち)

日経ビジネス副編集長

2012年4月から日経ビジネス副編集長。マネジメント分野を担当し、国内外の経営者、クリステンセン、ポーター、プラハラードら経営学の泰斗のインタビューを多数手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長