• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第37話 「決算書という虚像に騙されるかもしれない」

2008年4月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

◎前号までのあらすじ

 達也は経理部員の細谷真理とともに、ジェピーで行われていた不正支払いや循環取引を間中専務に告発した。しかし関係者は罰せられず、達也は間中専務から転勤を命じられ、愛知工場の副工場長に就任した。

 工場では、本社の経理部長、斑目の手によって利益の水増しが行われていた。不正の仕組みを解くカギは、工場にある仕掛品の金額算出方法にあった。達也はその仕組みに気づいた。だが粉飾はまだ明るみになっていない。

 公認会計士の西郷による本社の監査が始まり、達也もそこに立ち会っていた。愛知工場での棚卸しの際、達也は西郷に挑発的な態度で接したため、西郷はそのことを根に持っているようだった。達也は本社での監査に立ち会う過程で、会社の定款に重要な条文があることに気づいた。

監査2日目

 翌日の午前、西郷は斑目を会議室に呼んだ。斑目は達也に一緒に来るように、声をかけた。

 「今期は厳しい決算だったようですね」
 と、西郷が切り出すと斑目は表情を変えずに切り返した。
 「そんなことはありません。すべて順調というわけではありません。しかし、社長と専務の経営手腕で、この不景気でも利益を出すことができました」
 「そうですか。では2、3気がついたことをお聞きします」
 「何なりと」

 「前期と比べて売掛金が10億円も増えていますが、どのような理由でしょうか?」
 「理由はいくつかありますが、なんと言っても期末にワールドワイド電機(WWE)に出荷したのが大きいですね」

 西郷は3月30日のカットオフ情報を思い浮かべた。あのことを言っているのだろう。注文書もあるし、間違いなく製品は出荷されていた。

 「ほかに理由はありませんか?」
 「特にないですね。まあ、監査も始まったばかりですから、ゆっくり調べてください」
 と、斑目は余裕を見せた。

 「次に、在庫ですが、これも2億円増えています。どうしてでしょうか」
 「うちの売り上げは年120億円ですよ。2億円なんて誤差みたいなものです」
 「私たちは、その誤差が気になるのです」
 と、西郷が反論した。

 「よく分かりませんね。これもゆっくり調べてください」
 斑目は、たばこを取り出して火をつけた。
 「当社は材料も製品もゼロなんですね」
 と、達也が聞いた。
 「本当は仕掛品もゼロにしたいと思っているんですが、そればかりは難しいですな」
 斑目は、大まじめで答えた。

 (粉飾の道具である仕掛品在庫をゼロにしたいだと…)
 達也は腹立たしさを覚えた。
 だが反面、西郷が粉飾をどのようにして見破るのか注意深く見守った。

「「熱血!会計物語 ~経理課長、団達也が行く」」のバックナンバー

一覧

「第37話 「決算書という虚像に騙されるかもしれない」」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック